「クリミナル・マインド FBI行動分析課」のアーロン・ホッチナー役、トーマス・ギブソンが脚本家を蹴ってクビに

 なんてことやっちゃったんだよ、ホッチ!(泣)

 これはショックやでえ。モーガンも降りちゃうしなあ、ロッシは立場的に管理職役は無理だし、リードやJJもそういうキャラじゃないし、モーガンの替わりに入ってくるのもアダム・ロドリゲスで、そういうキャラっぽくないし。いっそのこと、ガルシアが「知恵の女神」から「正義の女神」に昇格、いやいやいや…。

 うーん、これでドラマが打ち切りってことになると痛いなあ。「クリミナル・マインド」に縁があって、急場の中継ぎ的な登場やっても違和感なくて、相応の知名度がある俳優って…

 いた!

 フォレスト・ウィテカーでどうよ。とりあえず、「レッド・セル」のラストシーン、無念の「to be continued」が嘘じゃなくなるぞ(って、そういう話じゃねー)。

 とにかく、シーズン12で打ち切り終了だけは勘弁な。ホント、お願いします。

突然の解雇!「クリミナル・マインド」のホッチナー役俳優、脚本家を蹴ってクビに

 テレビドラマ「クリミナル・マインド FBI行動分析課」でFBI特別捜査官アーロン・ホッチナーを演じているトーマス・ギブソンが脚本家にけりを入れ、謹慎処分になったとTMZ.comが報じたが、その後クビになったことが米CBS局によって発表された。

 「トーマス・ギブソンは『クリミナル・マインド FBI行動分析課』から解雇されました。彼のキャラクターがなぜいなくなったかについての詳細は後日のエピソードで取り上げます」とプロデューサーと同局は声明で述べている。

 問題となった事件はトーマスが監督を務める第12シーズンのエピソードで起こったとのこと。トーマスが演技をしていたところ、脚本家の一人と創作上の意見の違いで口論が起き、トーマスが激怒して脚本家の脚を蹴ったという。脚本家は自分のエージェントに連絡を入れ、エージェントがテレビ局の重役に報告。局は何らかの行動に出ざるを得ず、トーマスを謹慎処分にしたとい報じられていた。

 トーマスは、「僕は『クリミナル・マインド FBI行動分析課』が大好きで、この12年間、全身全霊を込めてきました。最後まで見届けるつもりでしたが、それもかなわなくなりました。脚本家、プロデューサー、共演者、すばらしいスタッフ、そしてなによりも最高のファンに感謝します」とThe Hollywood Reporterなどにコメントを出している。

 クビになった理由の一つは、これがスタッフに対する2度目の暴行だったからかもしれない。トーマスは数年前にADを突き飛ばし、アンガーマネージメントのクラスを受講するよう言い渡されていたという。(澤田理沙) 

(8月13日 シネマトゥディ)

一押しして頂けると励みになります<(_ _)>

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

アングラから政治ネタまで色々モノ調べをやっているイロモノアナリストです。思想は保守中道、趣味はサブカル全般、歴史、各種コンサル。ボーイッシュと大和撫子がマイ趣味女の子の双璧。