テロの残り香が消えないフランスとバングラデシュ

フランスの教会で人質事件 人質死亡の報道も テロか(2016/7/26 NHK)

【映像】イスラム過激派を急襲 9人殺害 バングラ警察(2016/7/26 AP)

 フランスは、北部のルーアンの教会で、刃物を持ったテロリストによる立てこもり事件が発生。神父1名が犠牲に。バングラディシュでは、ダッカにあるイスラム過激派組織・JMBの潜伏先で、治安部隊とテロリストが銃撃戦。日本人7人を含む20名が犠牲になったレストラン襲撃事件の関係者と思しき9名が射殺された。

 正直、フランスの方はテロかどうかは分からない。分からないが、オランド大統領やカズヌーブ内相は現地に向かった。どんな小さな殺傷事件でも、テロとして無視しえない要素があれば、テロとして為政者が疲弊しないと許されない空気が、今のフランスには蔓延している。

 バングラデシュは、レストラン襲撃事件を機に、テロリストへの対抗手段をエスカレートし始めた。国内の地元過激派と国外のイスラム国やアルカイダのパフォーマンス合戦が本格化したのを機に、「危険な奴は皆殺し、ないし纏めて豚箱送り」を加速し始めた。そのなりふり構わない政府の様に、一般国民は冷ややかな目を向け、パフォーマンス効果が上がったテロリストは小躍りしている。テロに対する国内の足並みが揃わないのが当たり前の空気が、今のバングラデシュには蔓延している。

 疲弊した政府は余裕をなくし、実力行使による事態の打開を図るようになる。この先のフランスのように。実力行使による事態の打開を進める政府は、いずれ国民の支持を失い、更なる混迷を呼び込むようになる。今のバングラデシュのように。

 そして、混乱の果て、最後に残るのはテロリスト。今の両国を覆う空気が取り払られず、国の上層部が流されつつある状況では、その可能性が非常に大きい。危ういね。どうせChaosに陥るなら、殺し合いや相互不信ではなく、皆してこっちの路線の奈落に堕ちればいいのにな。

f:id:kagura-may:20150923185131j:image:w300

 少なくとも人は死なない。上手くいけば、人の命を増やせるねんで。どうよ。

一押しして頂けると励みになります<(_ _)>

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

アングラから政治ネタまで色々モノ調べをやっているイロモノアナリストです。思想は保守中道、趣味はサブカル全般、歴史、各種コンサル。ボーイッシュと大和撫子がマイ趣味女の子の双璧。