第24回参院選最終予想~「自公75・改憲84/121」な件について

 明日投開票の第24回参院選。「与党が改選過半数を獲れるか」「選挙後、改憲勢力が2/3を獲れるか」という命題については、既に結果が出ています。共に「成る」。あとはその中身。現在の予想をまとめてみました。

  • 北海道ブロック(定数3):自民1、民進2

獲得議席数予想を6/13時点の「自民2民進1」から「自民1民進2」に切り替える。長谷川岳@自民と徳永エリ@民進は鉄板。柿木克弘@自民と鉢呂吉雄@民進の競り合いは、当初劣勢だった鉢呂が遂に逆転。組織票の余裕は無くても、知名度の高さに紐つけられた個人票の力は、やはり大きかった。

  • 東北ブロック(定数6):自民2、民進2、無所属2

東北の与野党の激戦は最終盤までもつれ込んだ。勝負が着いたのは、木戸口英司@統一無所属の岩手、舟山康江@統一無所属の山形、石井浩郎@自民の秋田。宮城の櫻井充@民進と熊谷大@自民、福島の増子輝彦@民進と岩城光英@自民は接戦中。宮城は櫻井、福島は増子がハナ差で先行するも、それぞれ抜き返される可能性あり。波乱は青森。田名部匡代@民進の追い上げは及ばずと考えていたが、ついに山崎力@自民の背中を捉えた。ラス1日の波乱分を考慮しても、東北で自公は6議席中2つにとどまる。

  • 北関東ブロック(定数7):自民4、公明1、民進2

6/13時点から変化なし。茨城は岡田広@自民と郡司彰@民進、埼玉は関口昌一@自民、大野元裕@民進、西田実仁@公明。栃木と群馬は上野通子と中曽根弘文の両自民で鉄板。埼玉の伊藤岳@共産もいいキャラなんだけど、風が足りなかったな。

  • 南関東ブロック(定数8):自民4、自民推薦1、公明1、民進2

6/22時点から少しだけ変化。千葉は猪口邦子&元栄太一郎@自民、小西洋之@民進。山梨は高野剛@自民。神奈川(定数4)は、三原じゅん子@自民、三浦信祐@公明まで鉄板。中西健治@自民推薦は優勢か。あと1議席を、金子洋一@民進から真山勇一@民進に変更。真っ当に戦って敗れる浅賀由香@共産と比べて、身内に票を食われて落選する金子の哀れさよ。

  • 東京ブロック(定数6):自民2、公明1、民進1、維新1、共産1

6/13時点から変化なし。中川雅治&朝日健太郎@自民、蓮舫@民進、竹谷とし子@公明、山添拓@共産、田中康夫@おおさか維新で決まり。無党派層票の囲い込みに難儀しているという点では、田中と次点・小川敏夫@民進の悩みは同じだが、横粂勝仁や三宅洋平、増山麗奈あたりから少しずつ票を食われている境遇を見ると、小川の方が悩みは深い。トップ当選確実の蓮舫から1割でも票をまわせれば、小川は軽く逆転できるだろう。もっとも、そういう操作のできない層に支持されているのが蓮舫の強みであり、民進の限界でもあるよなあ。

  • 北陸信越ブロック(定数5):自民4、民進1

富山は野上浩太郎@自民。石川は岡田直樹@自民。福井は山崎正昭@自民。ここまでは鉄板。新潟は森裕子@無所属と中原八一@自民が日替わりでトップを入れ替える激戦中。しかし、一時止まった森の勢いが再度加速するも、最後にはやや及ばずか。長野の若林健太@自民も杉尾秀哉@民進を追い上げているが、こちらも時すでに遅し。

  • 東海ブロック(定数8):自民4、公明1、民進2、共産1

6/13時点から変化なし。岐阜は渡辺猛之@自民。静岡は岩井茂樹@自民と平山佐知子@民進。愛知は藤川政人@自民、斎藤嘉隆@民進、里見隆治@公明、須山初美@共産だと思うが、須山と伊藤孝恵@民進が入れ替わる可能性も若干あり。三重は、「岡田の背水の陣」効果で芝博一@民進が追い上げているが、山本佐知子@自民には半歩及ばず。

  • 近畿ブロック(定数12):自民6、公明2、民進1、維新3

6/22時点から変化なし。滋賀は小鑓隆史@自民。京都は二之湯智@自民、福山哲郎@民進。大阪は松川るい@自民、浅田均&高木佳保里@維新、石川博崇@公明。兵庫は末松信介@自民、片山大介@維新、伊藤孝江@公明。奈良は佐藤啓@自民。和歌山は鶴保庸介@自民。

  • 中国・四国ブロック(定数8):自民7、民進1

6/13時点から変化なし。島根・鳥取合区は青木一彦@自民。岡山は小野田紀美@自民。広島は宮沢洋一@自民、柳田稔@民進。山口は江島潔@自民。徳島・高知合区は中西祐介@自民。香川は磯崎仁彦@自民。愛媛は山本順三@自民。ここは1ヶ月間本当に変化なし。

  • 九州ブロック(定数10):自民7、公明1、民進1、無所属1

6/13時点から変化なし。福岡は大家敏志@自民、古賀之士@民進、高瀬弘美@公明。佐賀は福岡資磨@自民。長崎は金子原二郎@自民。熊本は松村祥史@自民。大分は古庄玄知@自民。宮崎は松下新平@自民。鹿児島は野村哲郎@自民。沖縄は伊波洋一@統一無所属。ここも1ヶ月間本当に変化なし。

 明日の投票率は下がるでしょう。多分50%前後。こうなると、組織票の厚さが物を言います。更に、18-19歳の新有権者層の半分が自民党支持との調査結果が出ました。選挙戦前の共産党への追い風は完全に止まっている。これらを総合的に判断して、比例の議席数予想は、前回の「自民18、公明7、民進12、維新4、共産6、社民1」から、「自民19、公明7、民進11、維新5、共産5、社民1」へ修正しました。これに選挙区の予想を合せた結果が下表です。

政党名 選挙区予想 比例予想 合計
自民党 42 19 61
公明党 7 7 14
民進党 15 11 26
おおさか維新 4 5 9
共産党 2 5 7
社民党 0 1 1
諸派・無所属 3 0 3
合計 73 48 121

(自民の選挙区1議席には神奈川の中西健治を含む)

 一人区で自民が落とすのは、岩手・宮城・山形・長野・福島・沖縄の6ケ所。もしかしたら、宮城と福島で逆転劇があるかも知れないから、4~5ケ所ということもありえる。32分の4~6か。いずれにせよ、SEALDsや市民連合が期待したような結果にはならないでしょうな。

f:id:kagura-may:20150207155741j:image:w300

参院選あす投票 街頭で最後の訴え

 安倍政権の経済政策、アベノミクスの是非などが争点となった第24回参議院選挙は投票日が10日に迫り、与野党各党の党首や候補者らは街頭で最後の訴えを行い支持を呼びかけています。

 今回の参議院選挙は選挙区73、比例代表48の合わせて121の改選議席を巡って争われていて、389人が立候補し、安倍政権の経済政策、アベノミクスの是非、それに、憲法改正や安全保障の在り方などを巡り、激しい論戦が交わされてきました。

 今回の選挙では、自民・公明両党が目標としている改選議席の過半数の61議席を獲得できるか、与党と憲法改正に賛成する政党で改正の発議に必要な参議院全体の3分の2の議席に届くか、あるいは民進党や共産党などがこれを阻止したうえで議席を上積みできるか、などが焦点となっています。

 先月22日の公示日から18日間にわたる選挙戦は9日が最終日で、与野党各党の党首や候補者らは週末でにぎわう繁華街や駅前など街頭で有権者に最後の訴えを行っています。

 街頭演説を行えるのは9日午後8時までで、各党の党首や候補者らはそれぞれの政策や主張を掲げ、支持の拡大に向けて、ぎりぎりまで呼びかけることにしています。

(7月9日 NHK)

 ここで「【東方MMD】レミリアのはじめてのおつかい【MMD紙芝居】」を紹介。


D

ほのぼの。

一押しして頂けると励みになります<(_ _)>

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

アングラから政治ネタまで色々モノ調べをやっているイロモノアナリストです。思想は保守中道、趣味はサブカル全般、歴史、各種コンサル。ボーイッシュと大和撫子がマイ趣味女の子の双璧。