熊本刑務所が震災被災者を受け入れている件について

刑務所自体は、外塀にひびが入ったり、作業場の蛍光灯が落ちたりしたものの、人的被害や受刑者の混乱はなかった

 刑務所のセキュリティが万全なのは当然といえば、当然だが、

刑務所は災害救助法の適用外のため非常食を多く蓄えていた

 つまり、いざという時、刑務所に助けはこない。塀の中の連中は、生き残りたければ、お互いに命と食い物を奪い合えということか。

f:id:kagura-may:20150321115338j:image:w300

 おっかねえ。

熊本刑務所が避難者受け入れ 初の試み、水や食料は十分

 熊本刑務所(熊本市中央区)が施設の一部を開放し、地震で被災した近隣住民約150人を受け入れている。法務省によると、刑務所が災害時に住民の避難場所になるのは初めて。同省幹部は「水や食料が十分にあり、避難者がいる限りケアを続けたい」と話している。

 法務省によると、熊本県益城町で震度7を観測した翌日の15日夜に職員用の武道場を開放。周辺は住宅が密集し、当初はそこまで多くなかったが、16日未明の地震後に地域の人が一気に訪れ、一時は約250人が身を寄せた。福岡や山口、広島から職員が応援に入り支援に当たっている。

 刑務所自体は、外塀にひびが入ったり、作業場の蛍光灯が落ちたりしたものの、人的被害や受刑者の混乱はなかった。刑務所は災害救助法の適用外のため非常食を多く蓄えていたほか、水は井戸水を使っていたため、避難者が食料や水に困ることはなかった。中には、会員制交流サイト(SNS)の投稿で井戸水がもらえると知って遠くから訪れた人もいた。

 東日本大震災以降、刑務所や少年鑑別所と各地の自治体との間で、災害時に避難所とするための協定を交わす動きが進んでおり、熊本刑務所もその最中だった。

 熊本刑務所は1972年に建てられた。17日現在、491人を収容している。

(4月18日 共同通信)

 ここで「咲夜さんの休日9」を紹介。


D

いつもの。

一押しして頂けると励みになります<(_ _)>

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

PV¥uc0¥u12450 ¥u12463 ¥u12475 ¥u12473 ¥u12521 ¥u12531 ¥u12461 ¥u12531 ¥u12464  ¥u12395 ¥u12411 ¥u12435 ¥u12502 ¥u12525 ¥u12464 ¥u26449

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

アングラから政治ネタまで色々モノ調べをやっているイロモノアナリストです。思想は保守中道、趣味はサブカル全般、歴史、各種コンサル。ボーイッシュと大和撫子がマイ趣味女の子の双璧。