鈴木敏文@セブン&アイHDの失脚劇は万華鏡な件について

 ある面からみれば、次男への世襲を画策した老害の自滅。またある面からみれば、鈴木天皇失脚後の、ブラックセブンの内紛と崩壊のスイッチをボードメンバーが自ら押した図。

 はたまた、物凄く好意的に解釈すれば、それらの末路を見切った創業家が、米ファンドのサード・ポイントの介入前に、自ら功労者への介錯役を買って出た美談にも見えなくもない。

f:id:kagura-may:20141120214449j:image:w300

 いや、マジでたまらん。この後、セブン内でどんな事態が起こるかを想像しただけで、股間の金時殿がいきり立つ。ムッハー。

セブン&アイ鈴木会長が辞任表明 人事案否決で引責

 小売り大手セブン&アイ・ホールディングスの鈴木敏文会長兼最高経営責任者(83)が7日、記者会見を開いて「引退の決意をした」と退任を表明した。主導した子会社人事案が同日の取締役会で認められず、責任を取ったという。

 鈴木氏はコンビニ「セブン―イレブン」を全国1万9千店の最大手に育て上げた「コンビニの親」として知られる。退任時期も後継者も未定だ。グループの顔が突然退任を決めたことで、セブン&アイは体制の練り直しを迫られる。

 セブン&アイはこの日午前の取締役会で、セブン―イレブン・ジャパンの井阪隆一社長(58)を退任させ、古屋一樹副社長(66)を昇格させる人事案を否決した。社外取締役を中心に反対意見が出たという。

 その後、会見に臨んだ鈴木氏は「人事案が否決された責任もある」と退任理由を説明。人事案をめぐって伊藤雅俊名誉会長(91)ら創業家との意見の食い違いがあったことも明らかにした。グループの全役職から退く考えで、自身の後任は「みんなで相談してもらう。私が指名することは考えていない」と語った。

 鈴木氏は1963年にヨーカ堂(現イトーヨーカ堂)に入った。70年代初めに米国で成長していたコンビニを日本に導入し、発展させた。92年にイトーヨーカ堂社長。05年からセブン―イレブン・ジャパンやレストラン「デニーズ」を運営するセブン&アイで、グループ全体を指揮してきた。

(4月7日 朝日新聞)

 ここで「うちらユニットやぞ?小日向美穂だぞ?」を紹介。


D

くっそwwww

一押しして頂けると励みになります<(_ _)>

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

PV¥uc0¥u12450 ¥u12463 ¥u12475 ¥u12473 ¥u12521 ¥u12531 ¥u12461 ¥u12531 ¥u12464  ¥u12395 ¥u12411 ¥u12435 ¥u12502 ¥u12525 ¥u12464 ¥u26449

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

アングラから政治ネタまで色々モノ調べをやっているイロモノアナリストです。思想は保守中道、趣味はサブカル全般、歴史、各種コンサル。ボーイッシュと大和撫子がマイ趣味女の子の双璧。