仮に大成建設陣営がB案を上げていれば、B案が採用されていたんじゃね ~ 新国立競技場の整備計画コンペは、大成建設陣営のA案が竹中工務店陣営のB案を「予定通り」破る

 もっとも、隈研吾にB案のようなデザインができるとは欠片も思わんがな。

新国立競技場の公募、本命は大成建設陣営な件について(2015/9/18)

  • 提案を項目ごとに点数化して140点満点で審査するが、半分の70点を「コスト・工期」の項目が占め、デザインよりも実現可能性を重視。

 これが理由。旧計画には大成も竹中も参加しているが、よりディープに入り込んで業者の手配が進んでいるのは大成。

 このコンセンサスは、再公募のだいぶ前からカチカチに出来上がっていた。詰まる所、今回の公募は「ザハ・ハディド&日建設計コンビを外すためのアリバイ作り」イベントでしかなかったのが実態。正直残念。

 スタジアムの設計センスから言えば、伊東豊雄>(越えられない壁)>隈研吾なんだけどね。今回、その手の「優雅な要素」の優先順位は相当低いだろうからなあ。改めて残念。

 状況は3ヶ月前と比べて、1ミリたりとも変わっていない。9月の時点で全ては決まっていた。

f:id:kagura-may:20140625192134j:image:w250

by JSCの後ろの偉い人たち

 てな感じで。

 今日の発表に対してザハ・ハディドが「A案って自分が前出したプランと似すぎじゃね?」とコメントしたのも、さもありなん。実際、ザハ案を前提に集めていた業者のキャパで作るのがA案なんだから、似て当然だってばよ。

 今日の結果は、儀式が終わったという点にのみ意味がある。と言うわけで、関係者にはさっさとまともな仕事にシフトして欲しいね。

新国立競技場 大成建設などのA案に決定 デザインは隈研吾氏 採点結果はA案610点、B案602点

 2020年東京五輪・パラリンピックのメーンスタジアム、新国立競技場の新たな建設計画を担う設計・施工業者の選定で、政府は22日、関係閣僚会議を開き、応募2案から建築家の隈研吾氏が手掛けたA案の採用を正式に決めた。

 総工費の膨張で批判を集めた新国立問題は、白紙撤回から5カ月を経て、ようやく新たな計画のもとで前へ進み出す。

 A案を提案したのは隈氏と大成建設などのグループ。総工費は約1490億円、完成時期は国際オリンピック委員会(IOC)が求める20年1月より早い19年11月。日本の伝統建築に用いられる「垂木」を想起させるひさしが特徴で、景観に配慮して建物の高さを50メートル以下に抑え、壁面に緑が生かされている。

 総工費約1497億円のB案は竹中工務店、清水建設、大林組の3社と建築家の伊東豊雄氏が提案。高さ19メートルの木造柱72本が建物を囲み、波打つような形状の屋根を支えるデザインで、縄文遺跡や神社を想起させるつくりになっていた。

 事業主体の日本スポーツ振興センター(JSC) は19日に開いた審査委員会で2陣営へのヒアリングを実施後、建築や景観を専門とする7人の委員がそれぞれ140点満点で提案内容を採点。その結果、採用されたA案は610点、B案は602点となった。

 その後、アスリートや競技団体などの意見も踏まえ、JSCの大東和美理事長が22日、大成建設と隈氏らが提案したA案を採用することを決定。同日開かれた関係閣僚会議が正式に了承した。JSCは来年1月に大成側と契約を結ぶ。

 安倍晋三首相は関係閣僚会議後に「工期やコスト等の要求を満たす素晴らしい案だと考えている」と述べた。

(12月22日 産経新聞)

PV¥uc0¥u12450 ¥u12463 ¥u12475 ¥u12473 ¥u12521 ¥u12531 ¥u12461 ¥u12531 ¥u12464  ¥u12395 ¥u12411 ¥u12435 ¥u12502 ¥u12525 ¥u12464 ¥u26449

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です