【しょせん最後は】楽天の来季監督はデーブ大久保博元【オーナーの御心次第】

 星野仙一も三木谷浩史も、オヤジというか政財界のジジイ殺しで、ここまで伸し上がったが、露骨さとえげつなさと現場の反感度では、その斜め上を行くデーブがその跡を継ぐのか。まったく、楽天の社風に乱れなしというか、心が冷えるというか、

f:id:kagura-may:20130703232709j:image

「…悪夢だよぉ」

 楽天ナインはこれから本当に大変だな。同情する。これから何年、暗黒時代が続くかわからないけど、グラウンドの内だけじゃなく、外でも怪我などしないよう上手く立ち回って、無理せず頑張れ。どうせ最下位からのスタートなんだ。これから下に落ちることはないんだからさ。

楽天 大久保監督正式決定 コーチ陣も2軍から大量昇格濃厚

 楽天の来季監督として大久保博元2軍監督(47)の昇格が正式決定したことが11日、分かった。同日までに三木谷浩史オーナー(49)と立花陽三球団社長(43)ら球団フロントが都内で会談し、最終決定。近日中に正式発表される。

 立花社長はこれまで新監督の条件として「会社のコンセプトを理解した上で勝たせる人」と話してきた。大久保新監督は12年は1軍打撃コーチ、昨季から2軍監督として若手の育成に努め、選手の能力を把握。今季は17試合で監督代行として指揮を執り、星野前監督の野球を継承できるという点でも評価された。現在は宮崎での秋季教育リーグ(フェニックス・リーグ)で指揮を執っているが、近日中に仙台に戻り就任会見を行う。

 新監督が決まったことで、球団は今後、組閣作業を急ぐ。大久保監督とともに2軍の酒井、高村両投手コーチ、大石バッテリーコーチ、沖原内野守備走塁コーチらが1軍に昇格することが濃厚。打撃部門は田代、平石コーチが留任する可能性が高い。2軍監督には仁村1軍チーフコーチが就任する見込みだ。

(10月12日 スポニチアネックス)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

アングラから政治ネタまで色々モノ調べをやっているイロモノアナリストです。思想は保守中道、趣味はサブカル全般、歴史、各種コンサル。ボーイッシュと大和撫子がマイ趣味女の子の双璧。