【デングじゃ】新宿中央公園を訪れていた男性がデング熱に感染【デングのしわざじゃ!】

 代々木公園と新宿中央公園の距離は、ざっと2km。結界魔法で代々木公園を封じていたわけじゃないんだから、当然有りうる事態だわな。「感染源=蚊を封じ込める」なんて無理なことは、諦めろってことだよ。公園全体を蚊帳で覆って、「アンダー・ザ・ドーム!」とかドヤ顔ができるのなら、ともかくも。

 それはそれとして、

男性は8月18日と20~22日、26日に新宿中央公園で蚊に刺され

 何で連日この男性は公園に入り浸ってたんだ?。そう考え出して、「もしかしてハッテン場でお相手と連夜の逢瀬…」と妄想して、「でもそれなら訪問先は中央公園じゃなくて、二丁目の新宿公園だよなあ」と考え直して、「だいたい8/18、20-22、26ってウィークデイじゃん。仕事で新宿に来て昼休み中、そこにいただけか」と気が抜けて、「いや待て。新宿公園は今工事中だし、もしかして」と悶絶したのは、ここだけの秘密だ。

 え?デング熱への恐怖?。ないない。蚊関係なら、マラリアや日本脳炎の方が全然おっかないってばよ。

 つっても、

f:id:kagura-may:20140905210740j:image

ご注文はうさぎですか? スペシャルイベント ~Rabbit House Tea Party 2014~

【開催日】 9月7日(日)

【会場】 国立代々木競技場 渋谷プラザ

開催強行!

 これはどうかと思うぞ。さすがに。

デング熱:新宿中央公園でも感染か…代々木以外で初

 厚生労働省は5日、海外渡航歴がなく、東京都立代々木公園(渋谷区)を訪れたことのない埼玉県在住の30代の男性がデング熱に感染していたと発表した。代々木公園への訪問歴のない感染者が確認されたのは初めて。男性の行動歴などから感染場所は東京都新宿区の区立新宿中央公園の可能性が高いという。新宿区は蚊の駆除を行う。

 厚労省によると、男性は8月18日と20〜22日、26日に新宿中央公園で蚊に刺され、30日に発熱や頭痛を発症。9月1日に医療機関で受診した。9月5日に国立感染症研究所で検査し、デング熱の感染が確認された。男性の容体は安定しているという。

 新宿区は薬剤散布など蚊の駆除を行う。公園内に看板を設置し、利用者に注意を呼びかける。

 厚労省は代々木公園以外で蚊に刺された人でも、刺されてから3〜7日程度で高熱などの症状が出れば医療機関を受診するよう呼びかけている。【桐野耕一】

(9月5日 毎日新聞)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アングラから政治ネタまで色々モノ調べをやっているイロモノです。思想は保守中道、趣味はサブカル全般、歴史、各種コンサル。ボーイッシュと大和撫子がマイ趣味女の子の双璧。