「弱者を標的にはするな」中国ウルムチの爆弾テロに告ぐ件について

 時期は、中国がアジアの安全保障を主導すると宣言した「アジア信頼醸成措置会議(CICA)」の直後。これはいい。場所は、長らく続く弾圧の地・新疆ウイグル自治区のウルムチ市。これもいい。しかし、犠牲者の多くは、地元の老人たち。これはいかん。

 習近平国家主席の向う脛を蹴り上げるのは、一向にかまわん。中国共産党の支配体制に泥を塗るのは、もっとやれ。が、無差別テロだけはやめとけ。そこから怒りや恨みは生じても、大義や平和が醸成されることは絶対に無い。

f:id:kagura-may:20131226202413j:image

中国 ウルムチの爆発で31人死亡

 中国西部、新疆ウイグル自治区の中心都市ウルムチで、22日朝、野菜などを売る朝市に車が突っ込んだうえに何者かが車から爆発物を投げ込むなどして爆発が起き、これまでに31人が死亡し、94人がけがをしました。

 国営の新華社通信によりますと、日本時間の22日午前9時前、新疆ウイグル自治区の中心都市ウルムチで開かれていた野菜などを売る朝市に2台の車が突っ込み、何者かが車から爆発物を買い物客らに向けて投げ込んだあと、車は爆発したということです。

 新華社通信はこれまでに31人が死亡したほか、94人がけがをしたと伝え、けが人は病院に搬送され手当てを受けているとしています。

 また、2台の車にはナンバープレートがなく強引に突っ込んできたということで、新華社通信は、目撃者の話としてけが人の多くは朝市をよく訪れるお年寄りだと伝えています。

 さらに国営の中国中央テレビは、習近平国家主席が今回の爆発は「暴力テロ事件」だとしたうえで、迅速に捜査を進めて犯人を厳罰に処すとともに、同じような無差別の殺傷事件が連鎖的に起きるのを全力で防ぐよう指示したことを伝えました。

 ウルムチでは、先月30日、駅で爆発が起きて3人が死亡、79人がけがをした事件が起きたばかりで、大勢の武装した警察官がパトロールするなど厳重な警戒が続いていました。

(以下略)

(5月22日 NHK)

 ここで「NTR展開の見てみたい百合CPとその浮気相手集めてみました」を紹介。


D

ほほう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アングラから政治ネタまで色々モノ調べをやっているイロモノアナリストです。思想は保守中道、趣味はサブカル全般、歴史、各種コンサル。ボーイッシュと大和撫子がマイ趣味女の子の双璧。