モテ期と魅力と伸びしろと

 この数年、体を壊して、生死の境とまではいかないまでも、日常生活と闘病生活を行ったり来たりしている身になって、ふと気づいたことがある。

 モテなくなった。厳密に言うと、異性から「いい人」扱いされることは増えたが、「標的」にされることはめっきり減った。

 年取ったからかなー?病人になって遊べなくなったからかなー?所帯持ち臭さが増えたからかなー?と色々考えたが、ちょっと違う。

 思い当たるのは、体を壊したのと同時に、体力や思考力や持久力その他がピークを迎えたことが、自他ともにはっきりしてしまったことだ。つまり、雄としての伸びしろが無くなったということだ。

 伸びしろという潜在力は魅力であり、魅力はモテ期を呼ぶ。そう考えると、なんとなくシックリいく。多分、今の私のステージに至ってしまった人間は、既に完成された器を評価されて相応に扱われることはあっても、新しい恵みや旨みをもたらす獲物として狩られる対象としては、もう選ばれることはないのだろう。異性から。

 人には一生に数度、モテ期が来るという。モテ期とは多分、その人の人生・キャリアにおいて、潜在的な成長性や将来性がピークを迎えて、それらが漂わせる芳香が異性を呼び寄せる時期なのだろう。その芳香が漂う時期は、人それぞれの人生スケジュールに沿って規定されていて、誰一人として他者と同じものは無い。そして、人がそのことに気付くのは、往々にして手遅れになってしまってからなのだ。

f:id:kagura-may:20140505171532j:image

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アングラから政治ネタまで色々モノ調べをやっているイロモノアナリストです。思想は保守中道、趣味はサブカル全般、歴史、各種コンサル。ボーイッシュと大和撫子がマイ趣味女の子の双璧。