【失楽園】作家の渡辺淳一氏が死去【愛の流刑地】

 朝っぱらから、エロラノベを読まされ続けたかつての日々も、今となっては良い思い出。ありがとうございました。

f:id:kagura-may:20130706172433j:image

渡辺淳一氏が死去 80歳 前立腺がん

 「失楽園」「愛の流刑地」など男女の愛を描いた小説で知られる直木賞作家の渡辺淳一氏が前立腺がんのため、4月30日に東京都内の自宅で亡くなったことが5日、明らかになった。80歳だった。

 渡辺氏は1933(昭和8)年北海道生まれ。札幌医科大学を卒業後、講師を務めながら小説を書いた。その後、70(昭和45)年、「光と影」で直木賞を受賞し、医療や恋愛をテーマに多くの作品を執筆。

 95(平成7)年に発表した「失楽園」は不倫の男女を描き、ベストセラーに。映画化され、役所広司と黒木瞳の濃密な演技が注目を集めた。ドラマ化もされ、古谷一行と川島なお美のコンビも大きな話題になり、「失楽園ブーム」と呼ばれる一時期を築いた。

(5月5日 デイリースポーツ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アングラから政治ネタまで色々モノ調べをやっているイロモノアナリストです。思想は保守中道、趣味はサブカル全般、歴史、各種コンサル。ボーイッシュと大和撫子がマイ趣味女の子の双璧。