大沢樹生の愛人斡旋疑惑は喜多嶋舞裁判の場外戦?な件について

f:id:kagura-may:20140328161845j:image

 そうであっても、そうでなくても、週刊ポストを含めた関係者から漂う腐臭が酷すぎて、頭がクラクラしてくる。

大沢樹生、愛人契約あっせん報道で訴訟

 元光GENJIの俳優大沢樹生(45)が、週刊ポストを発行している小学館などに対し、名誉毀損(きそん)による1000万円の損害賠償や謝罪広告を求める訴訟を東京地裁に起こしていたことが、28日までに分かった。提訴は3月7日付。

 訴状によると、週刊ポスト2月21日号で「愛人契約をあっせんしている」「反社会的勢力と交流・交際している」などと報じた記事が事実に反しており、名誉毀損にあたると主張している。小学館では「係争中のことなのでコメントは差し控えさせていただきます」としている。

 大沢は元妻の女優喜多嶋舞(41)に対し、長男(17)との「親子関係不存在」の確認を求める調停を家庭裁判所に申し立てている。関係者によると、調停は継続しているが進展はないという。

(4月29日 日刊スポーツ)

 ここで「【MMD艦これ】今日も鎮守府は修羅場です。」を紹介。


D

修羅場は良い。見ている分には。二次元なら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アングラから政治ネタまで色々モノ調べをやっているイロモノアナリストです。思想は保守中道、趣味はサブカル全般、歴史、各種コンサル。ボーイッシュと大和撫子がマイ趣味女の子の双璧。