「マイナスイオン商品」根拠なしも、都が文書指導

 「細胞を活性化させ、心に安らぎをもたらす」「たばこや排ガスを浄化し、空気をきれいに保つ」――。こんな「マイナスイオン」効果をうたったインターネット広告に、科学的根拠がないものが含まれているとして、東京都は7業者に対し、景品表示法を守るよう指導した。

 マイナスイオン商品は数年前から、健康志向に乗って市場を拡大。都は表示に問題がありそうな布団やネックレス、空気清浄器など8商品を選び、業者に資料の提出を求めた。

 業者側は「材料のトルマリンからマイナスイオンが発生する」などと説明したが、都で分析したところ、商品の仕組みと合致しない実験データを示していたり、ネット上で見つけた数値を根拠なく引用したりしていて、広告内容には裏付けのないことが判明。都は27日に文書で指導した。

(読売新聞) – 11月28日

 「科学的根拠がないものが含まれている」じゃなくて「科学的根拠なんてない」のが正解。いいかげんにこの手の詐欺師連中は一斉摘発して欲しいんですがねー。

 http://d.hatena.ne.jp/kagura-may/2006021

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です