高1男子、涙で「後悔している」…接見の弁護士が語る

 岐阜県中津川市で中学2年の清水直さんが殺害された事件で、逮捕された少年の弁護士が22日、接見後に少年の心境などについて語った。少年は泣きながら「申し訳ないことをした」と、深く反省しているという。

弁護士によると、少年は比較的落ち着いた様子だったが、犯行について尋ねると「後悔している」などと話し、涙を流すなど動揺を見せた。

事件当日については、「電話で(直さんと)殺害現場で待ち合わせることにした」と、少年が話していることを明らかにした。

(読売新聞) – 4月23日

弁護士のメディア戦略に一々反応するのもアレですが、反省する(ふりする)ことと罪を償うことは分けて考えるべきなので、そこんとこよろしく>(人権屋)弁護士の皆さん。とか言ってたら、担当弁護士は尾関恵一@自衛隊イラク派兵差し止め訴訟の会弁護団ですか。今後の展開が目に見えるようだ…(;´Д`)。

にしても、大分の母子殺人事件とかと比べて、今回あんまり被害者に同情心がわかないのは何故だろう。双方の家庭環境とか家族の前科とかが、これ以上無いってくらい近寄りたくない世界の話だからかなあ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

アングラから政治ネタまで色々モノ調べをやっているイロモノアナリストです。思想は保守中道、趣味はサブカル全般、歴史、各種コンサル。ボーイッシュと大和撫子がマイ趣味女の子の双璧。