BLOOD+ 第21話「すっぱいブドウ」

 布石とは今回のようにさりげなーく打つもんだ。

 今回の主役は岡村&真央コンビ、というより二人とジイ様との「会話」。まさか、ここでジョエルという名前が出てくるとは思わなかったですよ。んで、ファミリーネームがゴールドシュミットで赤い楯って…おいおい!まさか「そっち」の人たちも絡ましてくる気ですか?そして一族を滅ぼした青い薔薇を持った少女。小夜?それともディーヴァ?正体はどちらかで、今後の展開というか赤い楯の目的は全然違ってきます。くそう、こういう先の展開予測できそうでできない情報のキレッパシを与えられたら、観続けるしかないじゃないですか(笑)

 シフの「烙印を清める血探し」って目的は、まだシフの立ち位置がよく見えないので正直ピンときませんが(てか、この作品における吸血鬼の定義がまだよくわからない)、前回の翼手がだめで、今回のハジ(シュバリエ)がだめとなると、小夜がFAなのかなあ? こないだのシュバリエブラザーズの会話聞いていると、そう単純でもないと思うんだけど…よくわからん。わからんから俺寝る。

 ところで「すっぱいブドウ」って「すっぱいブドウ症候群」のこと?

BLOOD+ 2006年度 カレンダー

BLOOD+ 2006年度 カレンダー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です