Damaging Star

♪ 都会が寝静まるころ 男はさわり魔に変わる

♪ 女はおとり役になる おどれ Damaging Damaging Star

♪ 心をくすぐる隙を あたりはたくみに演出

♪ 不思議な空気の中で おどれ Damaging Damaging Star

song by 24時間頭の中で陰謀史観がダンスしてる人たち

 「んなわけねー!」…と言っても無駄なんでしょうけどね。頭が良すぎて色んなモノを脳内変換しちゃう人たちには。

 それとも、そういう方々ってただの電波サンなんじゃなくて、「FRBの手先な鉄道模型ヲタ」の政治的パージ(少違)が思いのほか上手くいかなかったのを、まだ心情的にモヤってる左巻きor知識人サンなのかしらん?。はたまた、自分達よりも「上手くいっているように見える」今回のケースを観て、一人臍をかむ&嫉妬メラメラな想いの人なのかしらん?。うーん、謎ですねー(無表情)。

 まあそれはそれとして、↓がミスター植草のトホホな言い訳。メディアの悪意でデコレートされた事実が笑えます。

痴漢行為、容疑否認「でっち上げ」 植草容疑者、否認

 電車内で女子高生(17)に痴漢行為をしたとして都迷惑防止条例違反で現行犯逮捕された名古屋商科大大学院客員教授、植草一秀容疑者(45)=東京都港区白金台=が警視庁蒲田署の調べに対し、容疑を否認した上で、「警察のでっち上げ」と供述していることが15日、分かった。

 調べによると、植草容疑者はそれほど込んでいない車内で、乗車直後から女子高生に体を密着させ、スカートの上やスカートの中に手を入れて尻を触った。犯行時はかなり酒に酔った状態で、痴漢行為については「覚えていない。事件は警察のでっち上げだ」と供述しているという。

 また、電車に乗ったのは「家に帰るつもりだった」と供述。同署が、自宅がある港区白金台とは逆方向の下り電車だったことを追及すると、「間違えたんでしょう」と話しているという。

 植草容疑者は一昨年4月にJR品川駅で、女子高生のスカートを手鏡でのぞき見したとして逮捕された事件でも「冤罪(えんざい)だ」と訴え続けていた。

 今回の事件を受け、同大学院では植草容疑者の処分を検討している。

(産経新聞) – 9月16日

 彼もなあ、「○員の○い○げ」だった最初の○○やっちゃうまではそーんなに酷くなかったんですけどねー>この性癖。それまで露骨に表に出てなかっただけかも知んないけど。

 とりあえずアレですな。全くの第三者にとっては現時点で彼を信じるも信じないもないだろうけど、どっちに転んでもがっかりしない準備をしておいたほうが良さそうです。結構笑える結末になりそうだから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です