<韓国>有力紙一斉に「日本大騒ぎ」の大統領官邸を批判

 【ソウル中島哲夫】北朝鮮によるミサイル発射への日本政府の対応を「大騒ぎ」と批判した韓国青瓦台(大統領官邸)の9日の文書公表に対し、同国の有力紙は10日、非難の社説を一斉に掲載した。

 朝鮮日報の社説は青瓦台ホームページに掲載された文書の主張を、▽盧武鉉(ノムヒョン)大統領の関心事は国民の安全と、国民を不安にさせないこと▽北朝鮮のミサイルは誰を狙ったものでもなく、危機とは言えないから、日本のように未明から大騒ぎする理由はない――などと要約。

 この主張に対し同紙は、韓国政府がミサイル発射が迫ったとの情報を得ながら自国の民間航空機や漁船への警告を怠ったとして「国民の安全」軽視を非難。5日の発射実験が韓国にとって脅威でないという主張にも厳しく反論した。

 東亜日報は、多弁な盧大統領が北朝鮮のミサイル問題については「発射の兆候キャッチから発射後まで2カ月近く一言も発言していない」と疑問を提示。その一方で出てきた青瓦台文書を「強弁」だと批判した。

 中央日報も、盧政権について「こんな人々に安保を含む国家運営を任せてよいのか心配だ」と指摘。文書が日本政府を批判したのは「(韓国政府の)未熟な対応を自ら美化する」ものだと非難した。

(毎日新聞) – 7月11日

文書が日本政府を批判したのは「(韓国政府の)未熟な対応を自ら美化する」もの

 まともな判断力がある人間なら、昨日の青瓦台の自己弁護っぷりを見た瞬間、たいがいこう考えるでしょうねえ。で、その後の盧武鉉大統領の発言↓

日本の対応を批判=北ミサイル問題「事態悪化の恐れ」-韓国大統領

 【ソウル11日時事】韓国の盧武鉉大統領は11日夜、与党・開かれたウリ党幹部と会談し、北朝鮮のミサイル発射問題に対する日本の強硬姿勢を批判した。大統領は「日本の政治指導者の先制攻撃発言などによって新しい状況が生じ、事態をより悪化させる恐れがある」と述べ、安倍晋三官房長官ら日本政府高官が敵基地を攻撃する能力保有の検討に言及したことに強い不快感を示した。 

(時事通信) – 7月11日

 自分が「自分の張った虚勢や建前に流される浅慮なキャラクター」なもんだから、他者も同じとでも思うんでしょうかね?。本気で先制攻撃する気満々な人間が「先制攻撃するぞ」なんて言うわけないだろ。言った瞬間に「先制」攻撃成功の可能性は限りなくゼロになるってのに。むしろ、これを日本政府関係者に言わせている米国の本音を問えと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です