<野菜工場>TDRがLED水耕栽培 園内レストランで提供

 東京ディズニーリゾート(TDR)を運営するオリエンタルランド(千葉県浦安市)は、園内のレストランで使う葉物野菜を、発光ダイオード(LED)による水耕栽培で自前供給することを決めた。100%子会社が同県袖ケ浦市に工場を作り、東京ディズニーランドと東京ディズニーシーに来春から出荷する。LEDを使った葉物野菜の栽培工場としては、国内最大級になる見通し。

 LED栽培は、工場内に並べた棚の上で葉物野菜を水耕栽培し、日光の代わりにLEDの光を当てる。日光に比べ光合成が促進されるため、例えばレタスなら通常2カ月かかるところを約1カ月で収穫できるという。

 子会社の「舞浜ビジネスサービス」の工場は総工費約10億円で2月に着工済み。12月に稼働し、07年4月に初出荷を予定している。生産量は年間350トンで、3年後の10年には両園内で消費する葉物野菜の大半をまかない、TDR内のホテルへも供給する予定だ。

 栽培するのはレタスのほか、ホウレンソウ、ハーブ、水菜など。葉物野菜の価格は天候に左右されやすく、年間280トンを使うTDRの悩みの種だった。舞浜ビジネスサービスは「LED栽培という新技術で安定した供給が見込まれる」と話しており、これが工場建設の決め手となった。

 99年に設立された同社は積極的に障害者を雇用しており、現在、従業員の7割を占める。LED工場でも新たに約20人を採用する方針で、障害者雇用の面でも先進的な試みとなる。【神足俊輔】

(毎日新聞) – 5月1日

 この手のプラントで重要なのは光源というより水の処理。入れ替えと殺菌コストが馬鹿にならんのですよ。で、たいがい最初はいいんだけど、この水処理関係でトラブル、栄養価はじめ野菜のクオリティがある時点から一気に落ち始めて、失敗に終わっています。

 先行組をざっと見渡してみて一番進んでいる&何とか成功しているんじゃないかと思われるのは、広島県世羅町でリフト屋のオッサン(地元の名士という名の○○○ですが(^^;)がやっている、特殊なバクテリアとUV照射を併用した「フローティング・ライト方式」プラントですかね。ただ、確かにプラント自体は優れモノなんですが、名前がなあ…「日本農園」って誰か止めなかったのか? まさに「所有者のセンスを疑ってしまうよーなこのネーミング」(笑)。

美貌の果実 (白泉社文庫)

この頃のカワハラは間違い無く天才でありんした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です