<自民総裁選>ポスト小泉が政策論戦 東京ブロック大会で

 9月の自民党総裁選に向け全国10カ所で実施される同党ブロック大会の先陣を切り、東京ブロック大会「東京政経フォーラム」が28日、東京都内のホテルで開かれた。パネルディスカッションには安倍晋三官房長官、谷垣禎一財務相、与謝野馨金融・経済財政担当相が参加し、マレーシアを訪問中の麻生太郎外相もビデオで出演。安倍氏は憲法改正を主張、谷垣氏は格差是正を唱え、麻生氏は高齢者層との共生を訴えるなど、「ポスト小泉」候補が政策論議を展開した。

 「ポスト小泉」候補がそろい踏みで討論するのは初めて。(1)日本の将来(2)外交(3)教育――など五つのテーマで持論をぶつけ、会場には約6000人が詰め掛けた。

 谷垣氏は、小泉純一郎首相の靖国神社参拝で冷え込む中国との関係について触れ、「首脳同士の外交が基本的に大事だ。よく考える必要がある」と首相を批判。これに対し、安倍氏は「靖国神社に参拝するからといって首脳会談をしないという姿勢がいいのか。決していい関係ではない」と反論するなど、両者の違いが際立った。外交姿勢についても、安倍、与謝野両氏が日米同盟の重要性を唱える一方、谷垣氏は中国などアジア外交を重視する考えを強調した。

 このほか、安倍氏は「キーワードはイノベーションとオープン」とした上で「憲法改正についてしっかりと議論したい。私たちの世代に残された大きな宿題だろう」と改憲への積極姿勢を明示。谷垣氏は首相が進める構造改革について「弱肉強食の社会に、格差の多い社会になるという心配が少し起こっている。国と国民が信頼の絆(きずな)で結ばれる国を目指す」と格差の是正に取り組む考えを示した。

 一方、麻生氏は「元気なシルバーという人たちと共生できる日本にしたい」とした上で「教育は主にしつけの部分で駄目になった。義務教育を2、3年低年齢化させ、幼児からの義務教育で直していく」と教育改革の必要性を唱えた。

 ブロック大会は9月5日までの間、▽近畿(8月5日)▽南・北関東(同22日)▽北陸信越(同26日)▽北海道(同31日)▽中国(9月1日)▽四国(同2日)▽東北(同3日)▽九州(同4日)▽東海(同5日)――の各ブロックで実施される。【宮下正己】

(毎日新聞) – 7月28日

 他のソースを含めて各候補の一連の発言を斜め読みしました。どうやら構図的には「安倍+麻生の実質共闘」vs「福田不出馬による流出票囲い込み狙いの谷垣」という流れになりそうですね。個人的にはウェルカムな傾向ですが、その場合、安倍氏が総裁就任(もう既定路線でしょ。「大宏池会」構想も見送りになったし)の暁に麻生氏がどのポジションで遇されるのかがちょっと心配。外相留任が一番いいんですが、どうなりますことやら。

 ちなみに猪口邦子はマジでいらないんで、とっとと一兵卒(できれば民間)にお戻り頂けるよう手配の程を(ニガワラ)。竹中平蔵も同様なんだけど、下手におっぽり出すと村上ファンドネタで揺さぶりを掛け続けて来た連中が槍玉に挙げるの必至なんで、タイミングが難しいところですね。

美しい国へ (文春新書)

美しい国へ (文春新書)

本音ベースでは谷垣氏のキャラクターって好き。でもこの人はリーダーのタイプじゃない。だって実直&頭いいだけで空気を読むのが下手なんだもん。

なぜいま安倍晋三なのか

なぜいま安倍晋三なのか

とりあえずアレだ。総裁就任後の安倍氏がこの「提灯持ち」を厚遇したら心から軽蔑させて頂きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です