<武部幹事長>次期総裁は「造反組」復党を進めるべき

 自民党の武部勤幹事長は1日、広島市内で総裁選立候補予定者3氏を招いて開かれた同党中国ブロック大会で「昨年はいろいろあったが、大胆な和解も考えに入れながら、日本を確かなものにしていかなければならない」と述べ、次期総裁は昨年の郵政民営化関連法案に反対して離党した「造反組」の復党を進めるべきだとの考えを示した。

(毎日新聞) – 9月1日

 安倍氏に迎合と言うより、自民党旧勢力派に取り込もうと必死ですな>武部幹事長。でも、彼らを味方につけて安倍氏に擦り寄ったところで、安倍政権に貴方の居場所はありませんから。残念!。

 にしても、細木数子はいつまで「この御仁が総理になる」なんて戯言を言い続ける気なんだろー?(笑)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です