<拉致被害者>支援の短波ラジオ放送に、北朝鮮が妨害電波

安倍晋三官房長官は9日の記者会見で、北朝鮮による日本人拉致被害者などを支援している特定失踪(しっそう)者問題調査会が運営している北朝鮮向け短波ラジオ放送「しおかぜ」に対し、同国内から妨害電波が発信されていることを明らかにした。安倍氏は「遺憾であり残念だ」と批判した。

(毎日新聞) – 5月9日

 古典的な手だけど、戦術的に有効と言えば有効。戦略的には本来そのセコさはマイナスだけど、同国の場合、今更国際社会の信用失墜もヘッタクレも無いし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です