<北朝鮮ミサイル>「基地攻撃能力は持つべき」額賀長官

 額賀福志郎防衛庁長官は9日、北朝鮮の弾道ミサイル発射を受け、ミサイル基地への攻撃について「独立国として憲法の範囲内で国民を守るために限定的な能力を持つのは当然」と述べ、自衛隊が敵地への攻撃能力を持つことを議論すべきだとの考えを示した。東京都内で記者団に語った。

 ただ、「こういう事態が起こってすぐに結論を出すべきものではなく、与党の中でよく議論してもらいたい」とも語り、慎重に検討すべきだとの認識を示した。また、「現状では日米同盟があり役割分担をしている。敵地への攻撃は米軍が行う」と説明した。

 麻生太郎外相も同日、NHKの番組で「今の状況を考えた場合、国民の安全を守るためには(自衛権の範囲内でのミサイル基地攻撃は)間違いなく正しい」と語った。

 政府は56年、当時の鳩山一郎内閣が「我が国に対して急迫不正の侵害が行われ、他に手段がない場合、必要最小限度の措置を取ること、例えば誘導弾等の基地をたたくことは自衛の範囲で可能」との政府見解を出しており、額賀長官と麻生外相の発言は、これに沿ったものだ。【古本陽荘】

 ◇  ◇

 安倍晋三官房長官は10日午前の記者会見で「日米同盟で盾(日本)と矛(米国)という役割分担があるなかにおいて、こうした理論をまとめていく必要がある」と話した。

(毎日新聞) – 7月10日

 んで具体的にどうしろと?。まさか、航空母艦や戦略航空自衛隊や中距離弾道弾を持とうなんて言うんじゃないよね?。

 これを奇禍にあわよくば…なーんて政府関係者の本音がチラチラとしてるように見えるのは神楽だけ?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です