<不登校>児童23人が謎の欠席、学校側13人に出席催促 文科省「聞いたことない」

<不登校>児童23人が謎の欠席、学校側13人に出席催促 文科省「聞いたことない」

 新潟の特定の地域において、親の意思で児童を通学させないケースが続出だとか。特定の学校や教師が「ターゲット」になっていないということから考えると、十中八九「宗教」か「政治」か「市民団体(笑)」絡みだろうなあ…。大人の都合に巻き込まれた子供たちが不憫でなりません。

 不憫と言えば、こっち↓の事件の児童もそう。校長に圧力かけた市議や市教育委員会幹部も大概だけど、彼らをいいようにパシリにしたオヤジ@児童の父親は最悪だな。DVを働いて母子に逃げられたにもかかわらず、彼女らの行き先を突きとめ&追い詰め、子供を取り返すために、影響下にある市議らを使い学校を脅迫するというその所業。自分の都合大事で、子供のことは欠片も考えていない。

 事件が起きた地域といい、脅迫までの経緯といい、この父親の出自と職業と人となりが簡単に目に浮かびますんで、半分諦観しながら眺めるしかない騒動(≒○○○○じゃぶっちゃけ珍しくない)ですが、それにしても酷い話であることには違いないですね。

校長脅迫で美作市議逮捕=知人児童「転校させるな」-教委幹部も関与・岡山県警

 知人の児童が通っていた小学校の校長を脅し、児童の転校手続きを取り消させようとしたとして、岡山県警組織犯罪対策2課などは30日、職務強要の疑いで、同県美作市議谷本雄三容疑者(41)=同市位田=を逮捕した。「強要した事実はない」と容疑を否認しているという。

 同課などは市教育委員会幹部も関与している疑いがあるとみて、事情を聴いている。

 調べによると、谷本容疑者は昨年6月下旬、知人の児童の転校手続きをした市立小学校の校長(53)に対し、校長室で「今すぐ転校をやめて連れ戻して来い。そうせにゃ、どうなるか分かっとんか」などと怒鳴りつけたほか、数回にわたり校長室に電話をかけ、執拗(しつよう)に転校手続きの取り消し処分などを強要した疑い。 

(5月30日 時事通信)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です