<サッカー天皇杯>鹿島優勝 7年ぶり3度目

 とりあえずアントラーズ今年2冠通算11冠オメ!&サンフレッチェゼロックス杯頑張れ。でも今年はレッズが全部頂くけどね!…多分(^^;。

 サッカーの第87回天皇杯全日本選手権は1日、東京・国立競技場に4万6357人の観衆を集めて決勝を行い、鹿島(J1)が広島(J1)を2-0で降し、7年ぶり3度目の優勝を果たした。鹿島はJ1リーグ戦に続き2冠を達成。リーグ年間王者、ナビスコカップも合わせると、通算11タイトル目を獲得した。

 鹿島は立ち上がりから主導権を握り、前半8分にDF内田のゴールで先制。後半ロスタイムにはMFダニーロの得点でだめを押した。広島の反撃は堅い守りでしのぎきった。

 J2降格の決まった広島は前身の東洋工業時代以来、38年ぶりの優勝を目指したが及ばなかった。

 Jリーグと天皇杯の優勝チームが対戦する3月1日のゼロックススーパーカップ(東京・国立競技場)は、2冠の鹿島と、天皇杯準優勝の広島が対戦する。

 ▽鹿島・オリベイラ監督 選手、スタッフ、サポーターが一体感を持ってやってきた成果が出た。広島もすばらしい選手がそろっており、我々の勝利の価値を高めてくれた。

 ▽鹿島・内田 (先制点は)相手に囲まれていたので、逆サイドを狙って打ったら入った。長かった1年をこういう形で終われて本当にうれしい。

(1月1日 毎日新聞)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です