2ちゃんねる管理者、敗訴43件も制裁金4億円不払い

 負けて損無し傷も無し。傍から見てても「だから何?」。

 別にひろゆき氏個人対して特別の関心も無いけど、訴訟起こして&巨額の賠償金請求して(ひろゆき氏というよりネット社会に)プレッシャーかけた気になっている、原告連中の一部の方がいい加減アレなんで、個人的にはこの記事(というかこの記事を書いた&書かせた連中の意図)を冷ややかに見させてもらっていたり。

 「勝訴にもかかわらず賠償を得られない」?。もうね、この辺りから読者をミスリードさせようスメルがプンプンしてどうにもこうにも。連中が欲しているのはそんなはした金毟り取ることじゃないだろ?。むしろ、連中が欲しているリアクションとその背景になっている「元凶」ネタは何なのか。それを追っかけることこそ、メディアの仕事じゃないのかな>読売新聞殿。

 インターネット掲示板「2ちゃんねる」への誹謗(ひぼう)中傷の書き込みなどを巡り、管理者西村博之氏(30)を相手取り、名誉棄損などを訴える民事訴訟が全国で50件以上起こされ、少なくとも43件で西村氏側の敗訴が確定していることが読売新聞の調べでわかった。

 この結果、西村氏に命じられた賠償額は約5800万円、仮処分命令などに従わないことによる「制裁金」が1日当たり約88万円、累計約4億3400万円に上るが、西村氏が自ら支払いに応じたケースはほとんどないと見られる。原告側は勝訴にもかかわらず賠償を得られない状態で、ネットの無法状態と司法の限界が露呈した形だ。

 西村氏に対する訴訟は2001年以降、東京地裁だけで50件以上が起こされ、うち40件の敗訴が確定。ほかにも札幌、大阪、神戸の各地裁で計3件の敗訴が確定している。

(3月5日 読売新聞)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です