韓国大統領の竹島上陸は日本にとって幸運な出来事な件について

 これで日本は、大手を振って竹島問題を国際司法裁判所に提訴できる。引き金を引いたのは韓国で、日本はそれへの対抗措置を取っただけ。決して「自発的な侵略行為」ではない。文句はいわせねーよ。

韓国大統領、竹島上陸 日本の中止要請無視、駐韓大使召還へ 

 【ソウル=黒田勝弘】韓国の李明博(イミョンバク)大統領が10日午後2時前、日本固有の領土で韓国が不法占拠している島根県の竹島(韓国名・独島)を訪問した。これまで韓国の首相や閣僚の訪問はあったが、大統領の竹島入りは初めてで、日韓関係の悪化は必至だ。

 日本政府は、李大統領の訪問計画が明らかになった9日、ソウルの日本大使館を通じて中止を申し入れていた。結果的に申し入れが退けられたことで、日本政府は武藤正敏駐韓大使を召還する方針だ。

 李大統領は、実兄の李相得元国会議員が不正資金事件で逮捕、起訴されるなど側近の不正が相次いで発覚したことで求心力が低下。12月の大統領選を控え、政権末期でレームダック(死に体)となっている中、 日本からの解放記念日である15日を前に強硬姿勢を示すことで、求心力を高めたいとの思惑があるとみられる。

 李大統領は昨年9月、テレビ番組で竹島に「行きたければ年内でも訪問できる」と述べていた。今年4月以降、韓国の閣僚や与野党の国会議員が相次いで竹島を訪れた。

 これに対して、自民党国会議員が昨年8月に竹島北西の韓国・鬱陵(ウルルン)島視察を目指したが、韓国側は認めなかった。

 竹島をめぐっては、日本の平成24年版防衛白書が竹島を「わが国固有の領土」と明記したことに、韓国外交通商省が抗議。日本も韓国の国防白書の記述をめぐって抗議している。

(8月10日 産経新聞)

 ただなあ、贅沢を言わせてもらえれば、今回の暴挙は10月に入ってからにして欲しかったよなあ。民主党政権のカンフル剤にするには、もったいなさすぎるネタなんでね。こいつは。

 ここで「エロくないけどエロく聞こえる単語のみで千本桜歌ってみた」を紹介。


D

なんてつつしまやかなカブキぶり(笑)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です