韓国のメーカー各社、自動車ショーでの女性コンパオン削減へ

 あー、これには基本的に賛成だな。だって正直言って、車見たい人や仕事の話したい人からすると邪魔なことこの上無いんだもん>この手のショーのカメラ小僧集団さん。日本や他国の完成車&部品メーカーにも是非検討してもらいたいですね。

 もちろん、コンパニオンさんの雇用機会の確保や撮影マニアの趣味の尊重も大切だってことは分かります。ですんで、コミケのコスプレスペース@ビッグサイト2Fのように、その手の関係の人たちは1ヶ所にまとめたらいいんじゃないかなと思う次第。お互い、自分のテリトリーは尊重しましょ♪ということで。

 [ソウル 21日 ロイター] 韓国の自動車メーカー各社は、4月に開幕するソウル自動車ショーで、女性コンパニオンの数を減らすことを計画している。来場者に車へより目を向けてもらうことが狙いだという。

 自動車ショーでは通常、女性コンパニオンの撮影を目当てにカメラ持参で来場する男性も多く、インターネット普及度の高い同国では、これらの写真がすぐにネット上にも掲載される風潮がある。 

 現代自動車のスポークスマンは「われわれとしては、来場者の関心を女性たちではなく当社の車に向けて欲しい」と語った。

 同社は4月の同ショーで、複数の新型モデルをはじめ、軽量プラスチックを使用したコンセプトカーなどを出展する予定だが、女性コンパニオンの採用人数は減らすとしている。同社傘下の起亜自動車も同様の方針だという。

 また、ルノー・サムスン自動車は、女性コンパニオンの衣装をミニスカートからビジネススーツに変更。同社関係者は「海外の自動車ショーを見ると、外国ブランドは刺激的な衣装を着た女性モデルを使ってはいません」と今回の変更について述べた。

(3月22日 ロイター)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です