雑記帳 岡田以蔵の所有とされるピストル公開 高知

 ◇幕末に活躍した土佐勤王党の岡田以蔵の所有とされるピストルの公開が1日、高知県立坂本龍馬記念館(高知市)で始まった。来月31日まで。

 ◇フランス製で県内の子孫が保管。幕府はフランスの支援を受けており、同館は「一時、護衛をした幕臣の勝海舟からもらったのでは」。

 ◇「人斬(き)り以蔵」の異名を取り、京都で暗殺を繰り返したが、28歳で斬(ざん)首の刑に。剣の達人も、刀とピストルの“二刀流”だった?【米山淳】

(毎日新聞) – 7月2日

「以蔵、むやみに人撃っちゃいかん」(by 勝海舟)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です