陸自最大の実弾演習公開=戦闘ヘリ「アパッチ」お目見え-2000人参加・東富士

 10年に一度の米国主導の戦争、1年に一度の総合火力演習。曰く「捨てるくらいなら使わないとね」(ぉ)>経費はこれだけで約3億1000万円。

 と、そこらへんのマスコミの下手な世論操作への感想はさておき、「アパッチ」なぁ…ロングボウの年2機調達ってのが半端なのに加えて、個人的に日本の凸凹地形って戦闘ヘリには不向きだと思うんだよなあ。ぶっちゃけ、こいつらをチマチマそろえるよりは、陸と海の正面装備を充実させた方が意味があるのではないでしょうか?。

 国内では最大規模となる陸上自衛隊の実弾射撃訓練「富士総合火力演習」が26日午前、東富士演習場(静岡県御殿場市など)で公開された。陸自富士教導団などの隊員約2000人が参加。続投しないことを表明している小池百合子防衛相も視察した。

 演習には90式戦車など車両約60両、火砲約40門、ヘリなど航空機約20機を使用、今年度から運用試験を始めた戦闘ヘリAH64D「アパッチ」も初めて登場した。使用した弾薬は計約39トンで、経費はこれだけで約3億1000万円。侵攻してくる敵を迎撃、制圧するシナリオで、約1時間半にわたって富士山ろくに砲弾が撃ち込まれた

(8月26日 時事通信)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です