関係悪化なら再凍結の可能性も 麻生外相 

麻生太郎外相は11日、外務省タウンミーティング後の記者会見で、05年度分の中国向け円借款の凍結解除に関連し「何かことが起きたら、残り2年間、止めないといけないということになるかもしれない」と述べた。今後、さらに日中関係が悪化した場合には06、07年度分は凍結する可能性を示唆した。

(毎日新聞) – 6月11日

 とりあえずジャブを一発。効き目があるとは言えないけれど、牽制は打つことに意義があるということで。

魔女っ子チックル VOL.1 [DVD]

魔女っ子チックル VOL.1 [DVD]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です