長井秀和が美人局被害…17歳少女と親、警察らグルだった?

 「どうして急に米国留学?」と思っていたら、何のことは無い。赤西仁@KAT-TUNと同じ穴の狢の国外逃亡だったというオチ>長井秀和。流石は○○○芸人の真骨頂と言うべきか。

 にしてもなー、芸能界内の対創価閥との抗争の結果にはめられたとかなら格好もつくが、ただの美人局に引っかかったじゃかっこ悪すぎるよなー。その美人局の裏に学会非主流派の工作員がいるってんなら、話は別だけども(ぉ)。

 もっとも、長井氏は別に国外逃亡しなくても良かったと思うんですよ。だって一応被害者だし、「買った」時は未成年とは知らなかったんでしょ?(ホントかどうかはともかく)。未成年と承知で手を出した挙句に2人連続○○→××させた赤西と比べりゃ、よっぽど良心的だってばよ(奥さんいるのに買春するのは褒められないけどさ)。

 お笑い芸人、長井秀和(37)が5月下旬にフィリピン滞在中、現地日本人通訳と金銭トラブルになり現在、民事裁判中であることが24日、分かった。25日発売の「女性自身」と「FLASH」が報じた。

 両誌によると、長井と知人が、ナンパした現地女性2人とそれぞれホテルで過ごした翌日、長井の相手が17歳だったとして少女の親に告発され、現地警察に拘束されたが、保釈金1100万円を払い示談となったという。

 だが、この一連の出来事は少女と親、警察などがグルになって、日本人男性を狙った売春勧誘トラブル(美人局)だった疑いがあり、示談の仲介をした通訳との間で裁判中という。「女性自身」は少女とのツーショット写真を掲載した。

 長井の所属事務所はサンケイスポーツの取材に「トラブルが起きたのは事実。民事裁判が始まったばかりで係争中のことなので詳細は公平性を欠くためコメントできません」と説明している。

 長井自身はコメディアン修業のため今月上旬から1年間の予定で米国留学したばかりだが、「留学とは無関係のこと。長井が出廷する必要が生じれば帰国しますが、今のところなさそうです」と話している。

(9月25日 サンケイスポーツ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です