都合の良い「民意」

 本日11月27日、造反組12名が自民党に復党願を出しました。平沼赳夫以外は「郵政民営化支持」等の誓約書も添えて。

 さて、平沼氏を除く11名。郵政民営化に反対して離党したはいいものの、その後の9.11の自民党大勝を受けると、「郵政民営化は民意に支持されている→我々は民意に従う」という理屈をこねて、何食わぬ顔でしれっと郵政民営化に賛成しました。

 日は巡り、ここで今回の騒動ですが、調査では「復党反対」が世論の大勢です。

<造反組復党問題>61%が「反対」と答える 毎日世論調査

 毎日新聞社は25、26日全国世論調査(電話)を実施した。

 郵政民営化に反対し自民党を離党した造反組の復党への賛否を聞いたところ、61%が「反対」と答え、「賛成」は24%にとどまった。復党問題が大詰めを迎える中で世論の反発の強さが改めて裏付けられたことは、党執行部や造反組の最終判断に影響を与える可能性がある。(以下略)

(毎日新聞) – 11月27日

内閣支持下落、53% 無党派と若者離反 朝日新聞社世論調査

 朝日新聞社が11、12日に実施した全国世論調査(電話)によると、安倍内閣の支持率は53%で、中国、韓国訪問直後の前回調査(10月)の63%から下がった。不支持率は21%(前回14%)だった。30代以下の若い年代や無党派層で支持が伸び悩んでいるのが目立つ。(中略)

 ●「反郵政」議員、復党反対47%

 郵政民営化法案に反対して自民党を離れた衆院議員らの復党については反対47%、賛成32%と批判的な意見が多かった。民主支持層はもとより自民支持層でも反対46%が賛成39%を上回り、公明支持層では反対56%、賛成22%。無党派層は反対43%、賛成28%だった。

(朝日新聞 11/14)

造反組自民復党「反対」56% 安倍内閣支持率下がり65%/読売新聞世論調査

 読売新聞社が11、12日に実施した全国世論調査(面接方式)で、郵政民営化に反対して自民党を離党した「造反組」の復党問題について、「反対」が「どちらかといえば」を合わせて56%に上り、「賛成」計33%を大きく上回った。

(後略)

(読売新聞 11/14)

 では、前回「民意」を受けて郵政民営化支持に回った11名は、今回も民意を受けて復党を断念したでしょうか?不思議なことに、そんな素振は欠片も見せませんでした。どうやら彼らの耳は、「都合の悪い民意には瞬膜がかかる」とても便利な作りのようです。しかし、耳の作りがどうあれ、彼らには今回の自分達の立ち振る舞いについて、国民に説明する責任がありましょう。そうでなくては、少なくとも地元の支持者・選挙民は納得いかないはず。本来ならば。

 でも…ああ、そうか。本来「そうあるべきはずなのにそうならない」のは、それこそが彼らにとって「民意」だからか。「何がどうあっても聖子ちゃんを支持するわ」なんて思考停止したおバカさんが身近にいるもんだから、それ以外の層に筋を通す必要性をこの11名は忘れてしまっているのか。彼らにとって、思考停止したタカリ連中こそが一番身近で一番影響のある「民意」。国政レベルでの最大公約数的「民意」はその次だということか。

 もし実態がそれならば、今回の醜態もしょうがないですな。しょうがないから、連中は県会議員や市議会議員でもやるがよろし。国政を司るのにあんたらの器は小さすぎて話にならん。

 もうね、この程度の内ゲバもまとめきれない自民党&与党は、とっとと参院選で惨敗しろと。安倍政権は深手を負って総退陣してしまえと。小泉前総理よりも力の使いどころを分かっていない安倍総理、後見人狙いが露骨過ぎて武部以上に「身中の蟲」化している中川幹事長、そして「民意を食い物にする寄生虫」の11名は、相応の報いを受けるがいいと。そう言いたくなる位、今回の彼らの行動は、彼らが「民意」という存在をどのように考えているのかを如実にあらわしていました。先日の教育基本法強行採決といい、今の自民党&造反組の大半は、マコトにもって「数に胡坐をかいた怠惰の権化」としか言いようが無いです。

 かたや、この騒動を通じて「男を上げた(敢えてこう言わせて頂きます)」のが平沼赳夫。彼のように政治家としての筋を通すこと(→造反組代表として(嫌々ながらも)復党届は出すが誓約書は出さず)こそが、事の是非はともかく今一番「全国の最大公約数的な民意」に沿う行為。それを最も理解し実行した彼は、「劇場型政治家」小泉前総理の後継者として今一番ふさわしい人物かもしれません(そのことの短所&長所はさて置き)。参院選後の政局では、「戦後処理内閣&自民党執行部」での彼の処遇に注目ですね。

 ちなみに、その折の平沼の対立候補その1のローゼン閣下・麻生外務大臣は、「恒例参加の」靖国の例大祭すっぽかしたんでイエロー1枚進呈中。保身に奔って日和っちゃいかんでしょ。

平沼赳夫の「宣戦布告」

平沼赳夫の「宣戦布告」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です