邦人救出の陸自には無反動砲の次に何を持たせる?な件について

 武器対等の原則から考えると、無反動砲だけじゃなく、2016年からは機動戦闘車くらい持たせてあげたいのが親心だけど、流石にそれは無理か。

 しかたない、とりあえずは、個人着用型のバワードスーツか。基本デザインやコンセプトは、インフィニット・ストラトスか、ソニックダイバーか、パレットスーツか、赤城山23号の四択だな。うーむ…

 「女性隊員のぱっつんぱっつんスーツ一択じゃねーか!」

 だっけ?。だけど、

f:id:kagura-may:20130511221452j:image

邦人救出の陸自装備強化検討…対戦車用火器も

 政府は、自衛隊による緊急時の在外邦人輸送で陸上自衛隊員が携行する武器に、小型重火器の「無反動砲」を追加する方向で検討に入った。船舶と航空機に限られている邦人救出時の輸送手段が、自衛隊法改正で陸上輸送も可能になることを見越し、陸自隊員の装備を強化する。

 無反動砲は、携行が容易な対戦車・対車両用火器の一つ。部隊防御のために使用し、車両による自爆テロの阻止にも有効とされる。イラク復興支援で2004年に陸自隊員が派遣された際にも携行を認めた。

 海外で騒乱などに遭った邦人について、自衛隊法は航空機と船舶で輸送すると定めている。隊員の携行武器は、閣議決定で「拳銃、小銃または機関銃に限る」と規定されている。

(10月13日 読売新聞)

 ぶっちゃけ、軍隊の本質と武装の軽重は関係無い。手持ちの武器がレールガンだろうと、鉄パイプだろうと、自国民と平和を守るコトを名目に戦場に立ち、

f:id:kagura-may:20131013103923j:image

 で、名も知らぬ他人を殺す。それ以外の本質が軍隊には必要なのかい?。人命救助や被災地救援任務は、それらの延長のミッションに過ぎないし、それで十分だ。

 ここで「【MMD】Masked bitcH GUMIさん?【東方】」を紹介。


D

ミスマッチもキャラのうち。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です