週刊少年サンデー8号+α

 読者に真面目に答えを考えさせたいのか、阿呆な選択肢を楽しませたいのか分からん作りだ(^^;>執事検定2007

  • イチオシ作品は、「サンデーで常識はずれグループご一行様、温泉へ+誰かが駅に取り残され+誰かが自転車で疾走…とくると、偉大なる先達に行き着くなぁ」「ダイヤルキーは9998まで試して引きちぎれ!(違)」な「ハヤテのごとく!」。とりあえずナギがまず合流するのはコンプレックス三人衆のうち誰ですかいのう?。展開的には伊澄と合流するも二人して遭難→西沢&ヒナギクペアによって救助ってのがありそうですが。さてさて。
  • 次点は、「主張と目的は正しい。間違っているのは野郎二人の手段と感性」な「あいこら」、「改めて分かった。この作者って女体を複数描いて居る時、話作りのスペックが2つ位アップするんだ!」「で、それって何てシンクロナイズド・フラッタ―・システム@FSS?」な「史上最強の弟子 ケンイチ」、「こそっとヘビーな歴史の舞台でしたのね>不二子邸」「末摘さん…貴方は大事なものを壊してしまいました」「…私の心です(ひどいよひどいよ)」な「絶対可憐チルドレン」。
  • 巡航速度で堅調な出来なのが、「結界師」「ダレン・シャン」「IFRIT」「最強!都立あおい坂高校野球部」「ブリザードアクセル」。「IFRIT」は更生キャラが改めて不幸のズンドコにって展開がちょっと鬱…。「ブリザードアクセル」の吹雪の不調はアレですな。柔@YAWARA!の不調inユーゴ編と同じ。
  • ちょっと引っかかるけど、小ネタが楽しいor次号の展開に期待!なのが、「こういう無理矢理なピンチの回避はどうかと思う>非致死性ゴム弾」な「武心」、「雪山編、引っ張りすぎ」な「クロスゲーム」。
  • 今号の読みきりは「クナイ伝」。なんとなく「暗号名はBF」@田中ほさなを思い出しちゃったのは、神楽だけ?

究極超人あ~る (4) (小学館文庫)

究極超人あ~る (4) (小学館文庫)

 ついでに「ビッグコミックスピリッツ」8号、「週刊モーニング」8号についても少し。

  • スピリッツ:モーニングから移籍の「ブラックジャックによろしく」がスタート。いきなり毒々モンスターな展開に鬱。読んでいて身につまされる(≒自分にも心当たりがある展開チラチラ)のが「ボーイズ・オン・ザ・ラン」「バンビーノ!」「ハクバノ王子サマ」。最近「DAWN」や「日露戦争物語」化(≒知識・事実の断片の羅列化)しかけていた「日本沈没」が、本道回帰で復調の兆し。よかったよかった。
  • モーニング:今号のお勧めは、「ひまわりっ」「はるか17」。新連載の「かぶく者」は当面様子見。主人公キャラの輪郭がイマイチ掴めないので。

ひまわりっ ~健一レジェンド~(3) (モーニング KC)

ひまわりっ ~健一レジェンド~(3) (モーニング KC)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です