連敗脱出

 お疲れのFC東京が相手だったとは言え、レッズ久しぶりの公式戦勝利。アントラーズの猛追をかわして首位もキープできたし、まずはめでたし。

 今回、長いトンネルを抜ける原動力となったのは、何といっても田中達也でしょう。前半のチャンスのほとんどに絡んだ、怪我からの復帰明けとは思えない八面六臂の活躍はまさに見事。彼が退いた後半は全く別チームのような引き籠りプレーに戻ってしまったことからも、今日の試合における彼の存在の大きさは推して知るべきでしょう。

 敢えて高原と比べるのもアレですが、今のレッズに必要なのは、高原よりも今日の田中のように自分でチャンスメークできるタイプのFWではないか?と感じました。足・腰の回復状況次第ではありますが、これからも田中を先発で使ってあげて欲しいなあ>エンゲルス。

 

J1 第15節(7/5-6)試合結果

札幌 2 – 2 清水

東京V 3 – 0 千葉

浦和 2 – 0 FC東京

新潟 2 – 1 名古屋

磐田 1 – 2 鹿島

神戸 1 – 0 大宮

柏 1 – 0 G大阪

川崎 2 – 1 横浜FM

京都 1 – 1 大分

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です