警備に問題 興毅Vパレード断念

 亀田兄弟の東京葛飾後援会が、WBA世界ライトフライ級王者の亀田興毅(19=協栄)のパレードを断念したことが分かった。同後援会の関係者は「所轄の警察署に警備を依頼したが、困難極まると難色を示された」と警備上の問題を最大の理由とした。加えて世界戦の微妙な判定で、賛否両論の意見が区役所など関係各所に寄せられたことで、お祝いムードが弱まったのも否めない。関係者は「10月のランダエタとの再戦ですっきりKOしてもらって、また計画したい」と話した。

(スポーツニッポン) – 8月24日

 そりゃそうだろ。今やったって、ただの「市中引き回し」にしかならない>パレード。沿道を埋めるのもサクラとヤッチャンと警察官とウォッチャーばかりだろうし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です