訪中中の鳩山由紀夫・元総理、「尖閣諸島は日中間の係争地」に続いて南京大虐殺記念館でも余計な発言 ~ 「無能な働き者は殺せ」と言うが、「有害な国賊」はどう遇すれば適当だろう。

 まーた、ルーピーが取られる必要も無い言質を取られやがりましたよ。

訪中中の鳩山由紀夫・元総理、日中間で領土問題(尖閣諸島)がある旨を主張 ~ ポッポには「日中間の領土問題」と「日本領土への中国の侵犯問題」の区別がついていないらしい。(2013/1/16)

 小野寺五典防衛相からの非難も、蛙の面に小便なんだろうなあ。この「平和の使者」気取りの「国賊」には。しかし、なんでこう、国益を損なう発言ばっかり続けるのかね?。そして、最悪の予想通り、河野談話・村山談話に続く、鳩山談話の誕生か。頭痛い。

鳩山氏、南京大虐殺記念館を訪問 館長におわび伝える

 【南京=金順姫】中国訪問中の鳩山由紀夫元首相は17日、江蘇省南京市の「南京大虐殺記念館」を訪れ、「多くの中国の方、特に南京の民間の方、捕虜の方々を日本兵が殺してしまったことは大変申し訳ない。おわび申し上げたい」と朱成山館長に伝えた。鳩山氏が報道陣に明らかにした。

 鳩山氏はまた、沖縄県の尖閣諸島は日中の「係争地」だとの同氏の認識を菅義偉官房長官が批判したことについて、「(日本)政府もよく勉強されて、その中から早く答えを見いだすべきだ」と述べた。

 中国国営の新華社通信は同日夕、「当時の日本兵が犯した罪を謝罪する」との鳩山氏の発言とともに、記念館を視察した詳細な様子を配信した。同記念館にはこれまで、日本の首相経験者として、村山富市氏、海部俊樹氏が訪問している。

(1月17日 朝日新聞)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です