裁判を通じて大和屋商店=食肉業界の「闇」はどこまで明らかにされるのか?

 このエントリーを書いてから早半年。どういう状況変化があったんでしょうね。特別清算開始が決まったもんだから、「もう、何もこわくない」って事なのかしらん?>フーズ・フォーラス。

 でもそれって、逆に「リアル死亡フラグ」なんだけどな。大丈夫?>関係者。

「焼肉酒家えびす」運営会社が肉仕入れ先提訴へ

 5人が死亡した焼き肉チェーン「焼肉酒家えびす」の集団食中毒事件で、運営会社「フーズ・フォーラス」(金沢市、解散・清算手続き中)は10日、生肉の仕入れ先の食肉加工卸業者「大和屋商店」(東京都板橋区)を相手取り、総額約6億9000万円の損害賠償を求める訴訟を起こす方針を明らかにした。

 フーズ・フォーラス社の代理人弁護士によると、提訴は3月中旬の見通し。請求額は、食中毒被害者約200人が同社に求めた補償額の合計と同額。賠償金は補償に充てる考えで、被害者にも原告団への参加を呼びかけるという。

 一方、金沢地裁は10日午後、同社の特別清算の開始を決定した。

(2月10日 読売新聞)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です