菅政権、いつも通りのグダグダ乙>福島第1原発への海水注入問題

注入開始・停止は官邸知らず…東電との連絡不備

「政府・東京電力統合対策室は21日の記者会見で、東京電力福島第一原子力発電所1号機で東日本大震災の発生翌日に行われていた海水注入が中断していた経緯を説明した」「菅首相が海水注入の是非の検討を関係部局に指示している間に、東電が海水注入の開始・停止に踏み切るなど、政府と東電の連絡体制の不備が明らかになった」「対策室が記者会見で配布した資料や説明によると、震災翌日の3月12日、それまで1号機に注入していた淡水が足りなくなったため、首相は午後6時ごろに内閣府原子力安全委員会や経済産業省原子力安全・保安院などに対し、海水注入を検討するよう指示した。これに対し、班目春樹原子力安全委員長が、海水注入によって核燃料の分裂反応が再び始まる再臨界の危険性があると指摘したため、首相は再臨界防止のためホウ酸の注入などの対策を含めて検討するよう改めて指示したという」

+

政府、首相の関与否定に躍起 注入中断問題 過去の政府資料を訂正

「東京電力福島第1原発への海水注入が菅直人首相の「聞いていない」発言により中断したとされる問題で、政府は21日、打ち消しに躍起となった。細野豪志首相補佐官は「事実に基づかない」と反論したが、過去に発表した政府資料を都合良く訂正しており、むしろ疑念を深めたといえる。自民党は週明けから国会で徹底追及する構え」

+

再臨界の危険なんて言うはずない。(政府の説明は)私に対する侮辱だと思って いる…班目氏が反論

「班目春樹原子力安全委員会委員長は21日夜、読売新聞の取材に「淡水を海水に替えたからといって臨界を心配するようなことなどありえない。(政府の説明は)私に対する侮辱だと思っている。(『再臨界の危険性がある』との発言は)私が言うはずがない」と語った」

 結局、誰が本当のことを言ってんだよ?と(笑)。しかし、無能だとは分かっていたけど、言い訳一つ満足にできない連中とは思いませんでした。良くこんなんで政治家と言うより社会人ウン十年やってこれたよな>菅政権&民主党上層部。

 今更だけど、こいつらに「イメージ先行と旧体制へのお仕置き気分で」国家の大権を委ねた有権者のお歴々は、少しくらい反省しろよな。神楽が監視していた左巻き&民主党賞賛サイトのいくつかは、民主党政権が本格的にボロを出し始めた昨年半ばから、続々と政治ネタから撤退して、「政治の事なんてしりませーん」な趣味サイトに衣替えしているけど。ぶっちゃけ卑怯者じゃね?>おめーら。神楽も一時期政治ネタへの言及を自粛したりしたけど、過去の発言を削除してホッカムリなんて恥知らずなマネはできませんけどね。ふつーレベルの羞恥心は持ち合わせているもんで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です