興毅また“疑惑”…全治1カ月のはずが運動会参加

 スパーリングでの全治1カ月の大けがを理由に、今月18日の初防衛戦の延期を決めたWBAライトフライ級王者、亀田興毅(19)=協栄ジム=が、大けがの2日後、運動会での綱引きに参加したり、カラオケに興じていたことが5日発覚した。重傷と診断されていた興毅だが、「疑惑の判定」という汚名を払拭(ふっしょく)するために決めた再戦の延期理由にも、“疑惑”が急浮上してきた。

 先月29日のスパーリング中に左まぶたを切った興毅。2日に会見を開いた協栄ジムの金平桂一郎会長は、8針を縫う「左眼瞼挫創で全治1カ月」との診断書のコピーを配布し、因縁の相手、ファン・ランダエタ(27)=ベネズエラ=との初防衛戦の延期を発表した。さすがの興毅も「ショックのあまり」(金平会長)に会見も欠席していた。

 重傷で傷心の興毅だが、大けがの2日後の10月1日に都内で行われた小学生の妹の運動会を観戦。父の史郎氏と、保護者参加の綱引きに参加し、チョー元気な姿をみせていたのだ。

 この映像を流したのは、米無料動画サイト「ユーチューブ」。運動会の参加者が撮影した映像とみられる。画像には興毅の顔のアップもあった。サングラスはしていたものの、1カ月の重傷という形跡は見当たらなかった。

 5日発売の写真週刊誌「フライデー」によると、家族は運動会当日の夕方、台東区内の居酒屋で夕食をとった後、ダーツバーに移動。併設してある個室カラオケの和室VIPルームで3時間近く盛り上がったという。

 興毅の防衛戦延期には、会見直後から疑問が投げかけられていた。

 9月中旬にメキシコから呼んだ相手とスパーリングを始めたが、その様子は非公開。負傷した29日のスパーも、日本人が相手だったとされるが公開されなかった。ボクシング界では、興行面からもスパーを宣伝として公開することは常識だ。

 また、亀田陣営は「ヘッドギアをつけてスパーをした」と説明しているが、けがを防止するためのヘッドギアの上から殴られて8針も縫うこと自体、疑問視する専門家は多い。今回の「運動会疑惑」で、亀田陣営がますます窮地に追い込まれるのは間違いない。 

(ZAKZAK 2006/10/05)

 神楽も探してみました。

http://www.youtube.com/watch?v=MfW1qFA4-5U

http://www.youtube.com/watch?v=AlowXCwYF0w

http://www.youtube.com/watch?v=S0mEKgvFH64

 お元気そうで何よりです>チャンプ。…んで、どこを8針も10針も縫ったんでしたっけ?(^^;

 ていうか、綱引する暇があったら、迷惑を掛けるランダエタやJBCに一言詫び入れとこうぜ>亀田一派。もっともその時点では侘びを入れる必要も必然性も無かったのかも知れないけど。

 あと、最低「共犯」とは口裏合わせとこうな>亀親子。道化役の金平会長もいい面の皮だよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です