罪重いが生きたい 山口母子殺害の元少年被告

 山口県光市の母子殺害事件で、殺人罪などに問われ1、2審で無期懲役(求刑死刑)を言い渡された男性被告(25)=事件当時(18)=が20日の最高裁判決を前に「罪は重く極刑以外ないが、生きたい。悪人のまま終わりたくない」と話していることが15日、関係者の話で分かった。被害者の遺族に謝罪の手紙を書き続けているという。

 上告審では2審判決を変更する際に開かれる弁論があり、最高裁は死刑相当と判断する可能性もある。弁護側は「ようやく事実と向き合い、反省している」とし、遺族は「手紙は読んでいない。死刑の可能性を感じて初めて真剣になったのだろう」と話している。

(共同通信) – 6月15日

 狼少年の懺悔なんて、ドンファンの愛のささやきよりも信用できない。とりあえず「悪人のまま終わりたくない」って何を今更。仮にそういう心情が本当にあったとして、世間にそれをアピールする機会が何度もありながら悉くそれを潰していったのは、被告自身の浅慮と被告の父や安田好弘ら周囲の傲慢。

 被告は己が愚かさと罪とをかみ締めながら裁きを待つがいい。そして安田好弘は、我が主義を通すため(注:彼の場合、今回の弁護は弁護士としての「職務」では無い点が重要)なら法も被害者心情も踏みにじるその傲慢さ、「正論だけの詭弁」がもたらした結果を恥じるがいい。

「生きる」という権利―麻原彰晃主任弁護人の手記

「生きる」という権利―麻原彰晃主任弁護人の手記

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です