経産省が「今年のロボット」大賞創設…4つの部門賞も

 経済産業省は、ロボット産業振興のため、開発・実用化された最も優れたロボットを表彰する「今年のロボット」大賞を創設する。

 今年は7月ごろから応募作の募集を始め、有識者委員会が審査し、年末にロボットの性能発表を兼ねた表彰式を行う。

 大賞のほか〈1〉塗装や溶接などの産業用ロボット〈2〉清掃や警備などのサービスロボット〈3〉災害レスキューなどの特殊環境用ロボット〈4〉中小ベンチャー企業が開発したロボット――の四つの部門賞も設ける。

 同省の研究会が16日まとめるロボット産業振興策に盛り込む。

 振興策ではこのほか、関係団体と合同で「ロボットビジネス推進協議会」を設立することも盛り込む。メーカーと警備業や清掃業などユーザーが一体的にロボット開発を行う体制を整える。

(読売新聞) – 5月16日

 とりあえず(3)はテムザックの「援竜」で決まりかなあ。(4)はベンチャーの定義次第だけど、サイバーダインの「HAL」とかが選ばれると面白いかも。

ヒューマノイドロボット

ヒューマノイドロボット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です