米大統領選資金集め オバマ氏、驚異の30億円 ヒラリー氏に肉薄、脅威

 昨今の中南米諸国+αが加速度的に米国離れを進めているのは、80-90年代にヒラリーはじめ民主党の金持ち連中が現地を食い物にしまくった報い。

 エネルギー利権狙いで中東に手を出したブッシュは今こっ酷く痛い目に遭ってますが、ヒラリーが今米大統領になったら今以上に本人そして米国が痛い目に遭うのは必定。60-70年代のごとく「超法規的措置」でも取らない限り。

 「計算女」ヒラリー女史のキャラクターに対する米国民の顕著な好悪差の裏返しが、オバマ氏支持率の意外な躍進。個人的にヒラリーのことは「ブッシュ大統領より2倍頭はいいけど人と性格は10倍悪い」と感じているんで、どっちかって言うと、まだ人としてのバランスが取れているっぽいオバマ氏に民主党代表になってほしいです。

 【ニューヨーク=長戸雅子】2008年の米大統領選挙の民主党有力候補バラク・オバマ上院議員が、今年1月から3月までに約2500万ドル(約30億円)の選挙資金を集めたことが4日、同陣営から発表された。民主党の候補者の中でトップの支持率を誇るヒラリー・クリントン上院議員(前大統領夫人)の2600万ドル(約31億円)に匹敵する金額は「新人議員としては驚異的な数字」(AP通信)で、米メディアはオバマ氏の勢いを驚きを持って伝えた。 

 オバマ氏の選挙事務所によると、これまで10万人以上の個人が献金し、うち5万人以上の計約690万ドル分がインターネットを通じたものだった。ヒラリー氏は5万人から献金を集めたが、ネットを通じた献金は420万ドルにとどまっていた。

 こうした献金の相違について、オバマ氏の事務所は「有権者が政治の変化を渇望しており、草の根レベルで支持が広がっていることを示している」と歓迎するコメントを発表した。

 選挙資金の獲得状況は4半期ごとに集計される。広大な国内を移動して遊説する大統領選候補者にとって豊富な選挙資金は大きな武器であり、集金力は支持度合いを示す重要なバロメータにもなっている。

 このため、AP通信は、上院議員1期目のオバマ氏が、最初の集計時点で、圧倒的な知名度と組織力を持つヒラリー氏に肩を並べた事実を「ヒラリー氏に一撃を加えた」と評価した。

 同通信は強力な集金力の背景については「早くからイラク戦争に反対を示し、初の黒人大統領を目指すことへの有権者からの期待が火をつけた」とした。一方、エドワーズ元上院議員は約3万7000人から約1400万ドルの資金を集めた。 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です