米サンディエゴ住宅街に戦闘機墜落、3人死亡

 住宅街に米軍の航空機(F/A-18ホーネット)が住宅街に墜落、住民3人が死亡、1人が行方不明という惨事に。この手のニュースを聞くと思い出すのが、1977年9月に横浜で発生したRF-4Bファントム墜落事故。この時も子供2人を含む住民3名が死亡していますね(両事故ともパイロットは無事脱出)。

 無論、パイロットもわざと住宅地に落ちるように設定してから脱出するわけじゃありませんから、「結果」としての大惨事を殊更に取り上げることはしませんが、問題は墜落理由。横浜米軍機墜落事件の際は、ファントムのエンジンが火を噴いて制御不能→同機墜落という流れのようですが、今回はどうなんでしょう?。記事によると、飛行中いきなりコントロールを失って墜落したようですが、○○とかそんなんじゃないですよね?。今回墜落した「ホーネット」の正確な型番も含め、次の報道に注目です。

 ちなみに、今回墜落したホーネットが所属しているミラマー基地は、映画「トップガン」の舞台となった場所。そういや、あの映画中でもトム・クルーズの機体がコントロールを失って…何だか、嫌な偶然の一致です。

関連して思い出したこちらも併せて。

 [サンディエゴ 8日 ロイター] 米カリフォルニア州サンディエゴ近郊の住宅街に8日、米軍のFA18D戦闘機が墜落、住宅2棟が直撃を受け、住民3人が死亡、1人が行方不明となっている。操縦していたパイロットは脱出して無事だった。

 サンディエゴ市のジェリー・サンダース市長によると、墜落現場の住宅には当時、母親と子ども2人、祖母の計4人がいたとみられる。

 戦闘機は、訓練のために太平洋上の空母を離陸し、事故現場近くのミラマー海兵隊航空基地に帰還する途中で、機材にトラブルが発生したという。

 この事故で、周辺住宅5棟も一部損壊し、市当局は現場一帯の20世帯に避難命令を出した。

(12月9日 ロイター)

1 個のコメント

  • 認証の件ありがとうがざいました。

    「トップガン」は大ヒットしましたが個人的には「アイアン・イーグル」が面白かったですね。設定には無理がありますがエンターテイメントとしてはよく出来た映画だと思います。2以降はオススメしませんが・・・。

    被害者は韓国人。なんかグダグダな展開になりそうな予感がします。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です