第21話 「白き姫、目覚めるとき」

 人柱方程式:1+1(-1)=2…それとも1?

 前回チエが立ち聞きしていたアルタイ兵士の会話は、負傷したアオイの身柄確保についてだったのかな。とりあえずアオイが生きていた可能性にホッ。同時に依然として立ち続けているチエの死亡フラグに恐々。

 再登場後いきなりマシロ覚醒の人柱にされちゃったミミが哀れ。別にあっさり死なさんでもと思うんですが、今回の覚醒イベントには、アレくらいの後押しが必要だった…のかなあ。難民の皆さんも物分りが良すぎるというか、まあその手の疑問は末節に属するレベルのことだけど。むしろ今後問題なのは、アスワドへのガルデローベの技術供与の確約。あれって関係諸国の同意を得ずにやっちゃってよかったもんなんだろうか。後日下手に齟齬にしたら、次回のカルデアの轍を踏むことになりかねないが…でも、きっと大丈夫。マシロに悪意ないし、緊急措置だし、なんといっても「舞-HiME」だし。

 ナギ&ニナ、前回から引きのあっけなさはともかく、ナギは二ナの正体に気付いた様子。これまでは歌=マシロ(歌を知る者)、紡ぎ手=アリカ(王位継承者)、守り人=ニナ(オトメ)の立ち位置でしたが、ニナが紡ぎ手と守り手を兼ねられるなら、アリカは要らない子。不確定要素はいち早く排除とナギはアリカ抹殺指令を出したんでしょうね。前作では余裕ぶっこいて深優にヤラれちゃった苦い経験もあるし(あれ?)。

 ということで、セルゲイの死亡フラグがさらに大きくなりました(´д⊂)。それを促したのは自分自身の正体だという認識をニナが持つと、今後の展開に深みが増すんだけどなあ。今回、その布石的なシーンが無かったのはちょっと残念。ナギの性格的に、それを現時点でバラすはずはないんだけれども。直接粛清の手を下すのは…フライング・プリンセスのトモエかなあ。

 トモエと言えば、シズルが腹にイチモツ持ちながら据え膳堪能しているのに対して、トモエはやはりガチ! それも「幼児プレイ」って…歳の割りになんちゅうヘビィさよ。もっとも、新参の中堅&外様管理職だから仕方なんだろうな。ストレスゆえの変態プレーと思えば、その悪魔的所業許せないことは無い。だからもっとやれ(おぃ)。

 次回予告。遂に舞衣キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!! それもお玉と中華鍋装備のおさんどん姿…。どっかのスィーフィード・ナイトですか貴女は。んで、ミコトもキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!! (多分)。五柱のままじゃ舞衣は助っ人にならないから、ミコト=マスター、舞衣=マイスターオトメという布陣で参戦なんでしょうね。そして舞衣を引っ張り出すのはチエから後を託されたシホのまきまき団!(多分)。まさにこれが勝利の鍵だ!(なんですとー)。列強の動きも増してきたし、次回が楽しみだ☆

 P.S.

 シュール君@ウゴウゴルーガなラドなんて…中の人そのまんまですね。びろびろびろ~ん。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です