移転先整備、沖縄の業者も参加を=県に要請-米軍再編でグアム副知事

 在日米軍再編の最終報告で、沖縄の海兵隊員8000人の移転先となった米領グアムのモイラン副知事は20日、移転に向けて沖縄県の協力を要請するため同県庁を訪れ、牧野浩隆副知事と会談した。モイラン副知事はこの中で、「グアムには資材が不足しており、沖縄の建設業者の方々にもかかわっていただきたい」と述べ、移転先の基地整備などに沖縄県内の建設業者も参加するよう要請した。 

(時事通信) – 5月20日

 移転費用の一部日本それも沖縄に還元という政治的配慮。大変ですね。上の人たちの「足りないところ」尻拭いさせられるのは、いつも現場さんだ。

無意識の植民地主義―日本人の米軍基地と沖縄人

無意識の植民地主義―日本人の米軍基地と沖縄人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です