福田首相が小沢代表に連立を打診、民主党は拒否

 「小沢氏の本音+背骨レスな民主党への揺さぶりby自民」の絶妙なブレンドが香ばしい今回の一騒動。仮にガチな話だとしても、都合で対立しているんだから都合で連立したっておかしくは無いわけで。

 もっとも、数しか評価要素の無い「烏合の衆」丸ごと抱える必要なんて皆無ですけどねー。今回の騒動で分裂した後、志士の会+凌雲会、そして一新会や民社協会の一部から使える連中を何人かチョイスできればイナフですよ。ぶっちゃけ。

 [東京 2日 ロイター] 福田康夫首相と小沢一郎民主党代表が2日、国会内で党首会談を行い、その席で福田首相は民主党との連立を打診した。民主党は小沢代表が党本部に自民党の提案を持ち帰り、役員会を開催して協議した結果、連立提案を受け入れないことを決めた。

 民主党幹部によると、役員会では自民党の提案を受け入れず、拒否することを決めた。大連立に踏み切れば、参院選で民主党が第1党になった民意に反することになる、との結論に達した。

 民主党の結論が出る前の段階で、福田首相は記者団に対し「状況打開のための話し合いをし、政策を実現するための体制を作る必要がある。新体制を作ることもいいのではないかと話をした」と語った。 

 また「今の国会の情勢、政治情勢、この状況を打開しなければならない。国民生活のこともあり、国の政治が止まってよいのかという観点から、状況打開のために話し合いをした」と指摘した。

 伊吹幹事長は記者団に対して、民主党が連立を承諾するなら「政策協議機関を設置して、滞っている政策を実行する」とし、その点が連立を作るポイントであると指摘した。

 また、福田首相は記者団に「公明党との関係は、何も変わらない」と語った。

 他方、伊吹幹事長によると、小沢代表の持論である国連が承認したかたちでの自衛隊の海外派遣を可能にする恒久法について、政府・与党サイドでも検討するという。

(11月2日 ロイター)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です