畠山容疑者宅、取り壊しへ=町長が表明-秋田

 連続児童殺害事件を受け、秋田県藤里町が町営住宅内にある畠山鈴香容疑者(33)の自宅を取り壊す方針であることが20日、分かった。石岡錬一郎町長が同日までに方針を表明した。

 同容疑者の自宅は米山豪憲君(7つ)の殺害現場でもあり、周辺住民から「目にすると事件を思い出す」との声が上がっていた。

 取り壊し後は、建て替えても入居希望者がいないことが予想されるため、更地か緑地にする予定という。 

(時事通信) – 7月20日

 畠山鈴香容疑者の嘘つき&異常ぶりより、町ぐるみで「無かったことにしてしまおう」「記憶から消してしまおう」というこのスタンスの方に、より薄ら寒さを感じてしまうのは神楽だけ?。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です