漫画家のはらたいらさん死去=クイズ番組でも人気

 風刺の利いた一コマ漫画などで知られ、クイズ番組でも活躍した漫画家のはらたいら(本名原平=はら・たいら)さんが、10日午後0時7分、肝不全のため埼玉県富士見市の病院で死去した。63歳だった。高知県香美市出身。葬儀は15日午前11時30分から東京都板橋区板橋1の48の13の新板橋駅前ホールで。喪主は妻原ちず子さん。

 中学のころから新聞や雑誌に漫画を投稿。高校卒業後、上京し、1963年に「新宿B・B(ベベ)」でデビュー。世相を風刺した時事漫画やナンセンスギャグを得意とした。代表作に「ゲバゲバ時評」「モンローちゃん」など。

 77年から92年までテレビ番組「クイズダービー」のレギュラー解答者を務め、7割という高い正解率で人気を集めた。40代の終わりごろから更年期障害に苦しみ、その体験をつづった「はらたいらのジタバタ男の更年期」を刊行。ほかに「最後のガキ大将」などの著書がある。 

(時事通信) – 11月10日

 「はらたいらさんに3000点!」「はらたいらさんに全部!」。彼に任せて外れたならしょうがない。子供心にそう思わせる鉄板3枠in「クイズダービー」でした。合掌。

はらたいらのまんが川柳

はらたいらのまんが川柳

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です