浦和、ミランと対戦へ セパハンを3-1で下す=クラブW杯準々決勝

 レッズGJ!。

 次はいよいよACミランかぁ…。こういうガチなシチュで欧州強豪と日本のクラブがやりあうのって多分初めてですよね?。すっげー楽しみ!。勝ってくれればそれに越したこと無いけど、まずは「これが私の全力全開!」なゲームを魅せてくれることを希望します♪>13日のレッズイレブン。

 サッカーのクラブ世界一を争う「TOYOTA プレゼンツ FIFA クラブワールドカップ ジャパン 2007」(以下、クラブW杯)は10日、愛知・豊田スタジアムで準々決勝第2戦を行い、アジア王者の浦和レッズ(日本)がセパハン(イラン)に3-1で勝利した。浦和は13日の準決勝で、欧州王者のACミラン(イタリア)に挑む。

 AFC(アジアサッカー連盟)チャンピオンズリーグ決勝と同じ顔合わせとなった一戦。浦和はワシントンと永井が2トップを組み、トップ下には、けがで今大会の登録メンバーから外れたポンテに代わって長谷部が入った。

 前半の序盤は浦和がボールを保持してペースをつかみ、両サイドを起点にセパハンゴールを攻め立てる。なかなかゴールを奪えずにいたが、前半32分、相馬のクロスに永井が合わせて待望の先制点。浦和が1-0とリードして、試合を折り返した。

 後半に入ると、セパハンがエースのカリミらを投入し、積極的に攻撃を仕掛ける。浦和は、相手のシュートがクロスバーに当たるなどピンチを招くシーンもあったが、9分にワシントンが角度のないところからシュートを決め、追加点を挙げた。25分にはオウンゴールで3-0。35分にはカリミに1点を返されるが、3-1で試合を終えた。

 浦和は13日の準決勝第2戦(横浜国際総合競技場)で、欧州チャンピオンのACミランと対戦する。

<浦和レッズ 出場メンバー>

GK:23 都築龍太

DF:2 坪井慶介、4 田中マルクス闘莉王、5 ネネ

MF:3 細貝萌、13 鈴木啓太(Cap)、16 相馬崇人、17 長谷部誠→30 岡野雅行(後半46分)、22 阿部勇樹

FW:9 永井雄一郎→8 小野伸二(後半28分)、21 ワシントン

サブ:1 山岸範宏、12 堤俊輔、19 内舘秀樹、6 山田暢久、14 平川忠亮、27 西澤代志也、18 小池純輝

(12月10日 スポーツナビ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です